スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

純情ロマンチカ 

純情ロマンチカが流行ってるから、試しに見てみたんだけど、見なきゃ良かった。
こんなにドキドキするなんて予想外だよ。
空けてはいけない扉を確実に空けてしまった。

どうしよう・・・
スポンサーサイト
[ 2008/05/26 23:59 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

やせてきた 

最近仕事が忙しいせいか、またやせてきた。
体脂肪はかったら8%くらいしかなくてやんなるよ。

世の人たちは圧倒的にやせたい人が多いんだろうけど、
少数派の太りたい人に向けた特集とかあっても良いのにな。
やせて耳の穴の周りの肉が落ちたせいか、イヤホンがすぐ外れて困るよ。
[ 2008/05/26 23:57 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

寿司さん 

今井麻美さんと中村繪里子さんが出演している自遊王国NCNってネット番組のアーカイブが配信されていたから、早速見てみた。
アイマスのラジオと違い進行役として芸人さんがいるからか、今井さんが砕けている場面が多くて新鮮だよ。
ブチャラティの下りの所とかかなり可愛らしくてヤバイな。

2回目を見たら、司会をしている芸人の寿司さんがネットでものすごく叩かれているってことだった。
たしかに、今井さん中村さんの熱烈なファンからしたら少し前に出るのを控えて欲しいと思うかもしれないけど、そんなに言うほどのことは無いと思う。
むしろ、司会としては100点満点だと思っていたから、その酷評がすごく以外だった。
時間が合えばライブにも行ってみたいよ。
ネット上では寿司さんウザイって意見ばかりみたいなのが残念だな。
[ 2008/05/20 00:36 ] ラジオ | TB(0) | コメント(-)

戦う司書 


戦う司書と追想の魔女 (集英社スーパーダッシュ文庫)戦う司書と追想の魔女 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2006/12)
山形 石雄



戦う司書と荒縄の姫君 (集英社スーパーダッシュ文庫 や 1-6)戦う司書と荒縄の姫君 (集英社スーパーダッシュ文庫 や 1-6)
(2007/04)
山形 石雄



戦う司書と虚言者の宴 (集英社スーパーダッシュ文庫 や 1-7)戦う司書と虚言者の宴 (集英社スーパーダッシュ文庫 や 1-7)
(2007/08)
山形 石雄



戦う司書と終章の獣 (集英社スーパーダッシュ文庫 や 1-8)



戦う司書シリーズがすごい事になってる。続きが気になりすぎる。
ラノベの続きが気になって、一日に2回本屋に行ったのは久々だよ。


追憶の魔女と荒縄の姫君の、単純な強さよりも思いの強さが勝るっていう内容が熱い。

追憶の魔女では、オリビアってのは最初悪役っぽく描かれていて、
むかつくキャラだと思っていたのに、徐々にその性質が変わっていって、
最後の大逆転の時には拍手喝采だよ。
何の力も無いのに、一つの信念だけで武装司書たちを手玉にとり翻弄するかっこよさといったらない。

荒縄の姫君は、衝撃的な始まりから世界滅亡の危機、そしてノロティのピュアさ。
この巻で最週巻でも全くおかしくない内容なのにまだ続くなんて、作者の山形さんの脳内が
どうなってるのか覗いてみたいよ。

神溺教団との戦いに一区切りついて、どうなるかと思った狂言者の宴では、
オリビアの大胆な策、で次の物語に引っ張る非常に気になる内容。
ノロティの弟とか、次期館長代行世代なんかの新キャラもだいぶ絡んできて、まだまだ続きそうだって思ってたのに。

最新刊の終章の獣。世界が一気にひっくり返った。
追憶の魔女と荒縄の姫君が、思いは力よりも強いって内容だったのに、それすら無力にする純粋な力が出てくるなんて。
世界がめちゃくちゃになるって所で終わってるんだけど、なんでこんな良いところで終わるんだよ。
来月にも次の巻が出て欲しい。
[ 2008/05/20 00:25 ] ライトノベル | TB(0) | コメント(-)

平成20年度 大喜利実力判定考査 

POAROさんの平成20年度 大喜利実力判定考査に行ってきた。
笑いすぎて頭が痛い。

オープニングのメンバー紹介も、プライドの呼び込みみたいで無駄にかっこよかったし、
内容もクオリティー高いし、最後のほうはぐったりししちゃったよ。

今回見ていて思ったのは、回答者の皆さんのネタを思いつくスピードが異常に速いこと。
あんなにテンポ良く面白い回答を思いつく頭の回転の速さは見習いたいな。

最近忙しさを理由に、ラジオに投稿してなかったけど、今回のイベントにかなり感化されたよ。
また投稿再開しよう。
[ 2008/05/11 22:56 ] イベント | TB(0) | CM(0)

木下大サーカス 

木下大サーカスに行って来た。
今回はいい席のチケットが取れて、前から2列目のA席。
すごい近かったから、もの凄い迫力だった。

特に動物系のショーはすごい。
シマウマ頭良すぎる、キリン大きさが規格外、象が2本足で立つと大きくてモンハンに出てきそう。
そして猛獣ショー。
トラ、ライオン、トラとライオンの子供のライガーの3種類なんだけど、体がとにかくでかくて凄い怖い。
猛獣使いの人が鞭と棒で指示を出しているんだけど、みんな牙を剥き出しにして吠えていて、
いつ襲われるんじゃないかと心配で心臓が痛くなったよ。
向こうはじゃれているだけなのかも知れないけど、人間は甘噛みされただけでおだぶつになっちゃうよな。
しかも、ハプニング的なことなのかトラがすこし暴れて、ものすごいビックリした。

人の演目では、空中大車輪のシーソーが凄かった。
目隠しして外側を回ったり、逆立ちしたり、ここまでやる空中大車輪は始めてみた。
ただただ唖然とするばかり。

それと空中アクロバットの人。
長い棒を良端で担いで、真中で反動を利用してトランポリンみたいに飛ぶんだけど、
難しいのか何度も失敗していた。
5回くらいやり直していて、演技をしていた人はかなり落ち込んでいたみたいだけど、
最後はちゃんと成功させていた。
お客さんもものすごい盛り上がっていたよ。
プロの意地ってのは凄いな。

ピエロの人もスベリ知らずで笑えたし、狐耳と尻尾をつけた萌キャラチックな演目があったり、
最初から最後まで目が離せない密度の濃い時間だった。

さすが世界三大サーカスだな。
[ 2008/05/05 04:11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

らき☆すた聖地巡礼 

長野から来た友達と一緒に、らき☆すたの鷲宮神社へ聖地巡礼に行って来た。

P5030010new.jpg


P5030003.jpg


P5030004_new.jpg


P5030008new.jpg


まずは神社へお参り。
普通のバス観光客っぽいおじいさんおばあさんたちと、痛車で来ているオタク観光客の両方がいて
駐車場がカオス空間だった。
静かな神社で、おみくじを引きお賽銭を入れて、まずは普通の神社を楽しむ。

そして

P5030002.jpg

大量のオタク絵馬。
全部は見ていないから断定は出来ないけど、99%オタク絵馬しか無かったよ。

お参りの後は、神社入り口のお茶屋さんへ。
P5030007new.jpg


お茶屋さんの横にはこんな物が。
P5030005.jpg

P5030006.jpg

町おこしに貢献しているな。


P5030009new.jpg

メニューのなめっくには爆笑。
こういう小ネタがあるなんて思いもしなかった。

お茶屋さんの中はグッズがいたるところに並べられていた。

P5030011new.jpg


P5030012new.jpg


2008-05-03らきすた聖地巡礼012



最後に特別住民票を購入。
2008-05-03らきすた聖地巡礼013




全体的に静かで落ち着いていて、ゆっくり観光出来たのが凄く良かった。
家から電車で気軽に行けるし、ここはまた行きたいな。
イベントのときは混みそうだけど、がんばっていってみようかな。
[ 2008/05/05 03:32 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

うちの妻ってどうでしょう? 1巻 

福満さんの新刊 が出ていたので早速購入。
僕の小規模な生活に出てきた、講談社の編集さんを大激怒させた連載がこれだったのか。

どう言葉を選んでも、器が小さいなと感じてしまう福満さんのエピソードが、読んでいて
相変わらず身近に感じられる。

TVに出ている若手男性タレントを嫉む話とか凄くわかるもん。
成功している人の年齢を気にしたり、女性はみんな性の対象としか見れないとか言ったり、
こんなこと書いたら絶対人気下がるだろって事が全然気にならない。
むしろもっと読みたいって思わせるのがすごく上手いな。

こんなにはまったのは西原理恵子さん以来だ。
新刊出たばっかりだけど、はやく次の漫画が読みたい。
[ 2008/05/05 02:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

エマ 10巻 

エマ 10巻 (BEAM COMIX) (BEAM COMIX)エマ 10巻 (BEAM COMIX) (BEAM COMIX)
(2008/04/25)
森 薫



エマの最終巻。
雑誌連載最終回の結婚で、物語的には一度完結していたけど、
蛇足的な話ではなく、真の最終話って内容のラストだった。

「新しい時代」でみんなが楽しそうにしていて、幸せがあふれて、
まさに大団円。
文句なしの最終巻だった。
[ 2008/05/05 02:33 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

アイマスカタログ第3号 

今回は新曲のDo-Daiが良いな。
I'veのKOTOKOさんの曲のようなノリノリの歌で、へービーローテーションで聴きまくってるよ。
ユニットメンバーを色々入れ替えずっと流してるけど全然飽きがこないな。
歌がいいのはもちろんだけど、ダンスも歌詞と合っていて、バスから降りたり携帯電話を
操作したりで画面から目が離せない。
中でも、歌詞の「デートしてくれますか?」の部分がみんな可愛すぎるよ。
特に千早、あずささん、りっちゃんの3人の言い方はずるい。
人前じゃ使えないけど、着ボイスにしたくなるよ。
はやくマスターバージョンで聞きたいな。

エクステンド衣装のウェディングドレスもいい出来で、ずっと着せているんだけど、
手にもたせたブーケで歌の最後に顔が隠れちゃうのが残念。

アイドラのな765プロ名作劇場はやよいのパンチラシーンがあってビックリ。
公式でこんなんやって良いのかよ。
まったくけしからん。

これからもう一つのアイドラ、春香のバースデーをやるんだけど、アイドラは新作が出る
たびに面白くなってるからこっちにも期待だな。
[ 2008/05/02 01:49 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。