スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

面白かった 

最近買った本で、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない 5巻」と「戦う司書と世界の力」が抜群に面白かった。

俺の妹は、黒猫さん超可愛かった。
主人公に完全に心を開いているけど、表面上は邪気眼のツンっぷりで態度に出さないようにしている所がいじらしいよ。
6巻のタイトルは、邪気眼の後輩がこんなに可愛いわけがないに変えてほしい。
スピンオフでシリーズ化するべきだよ、と一人テンションが上がった。

それと、同人ゲームの晒しスレを見て激怒する件が、クリエーターさんが晒しスレを見たらこう感じるんだろうなっていう凄いリアルな描写だった。
伏見つかささんも、2chとか見てこういう風に感じてんだろうな。

次巻は、桐乃が帰ってきたしコメディー分が強いみたいだから、4巻までの雰囲気に近くなりそうじゃん。
新キャラと桐乃との絡みもいいけど、沙織の正体バレ的な話が見てみたいな。





戦う司書は、集大成という言葉かぴったりの素晴らしい1冊。
前巻を丸々つかって、ラスボスがいかに強いかってのを描いていただけに、どうやって解決するんだろうと凄く気になる引きで終わっていたんだよな。

冒頭でコリオが出てきてルルタを説得するんだけど、1巻に出てきたコリオが最終巻でここまで活躍するとは全く予想できなかった。

説得が失敗するやいなや、ハミュッツの奇天烈な奇襲。
あのルルタがここまで一方的にやられるってのに唖然として、残りのページ数がかなりあるけどこのまま押しきっちゃうかと思った。

あと少し間で追いつめたけどルルタが盛り返し、ハミュッツのピンチに。
かと思えば、仮想臓腑の中にいる過去の凄腕戦士たちをよみがえらせてすぐさまルルタを追い詰めていく。
再度追い詰められたルルタはニーニウに全ての力を譲渡して、ラスボスが最終形態に。
息つく暇もなく攻防が目まぐるしく入れ替わって、このあとどうなるんだと凄い引きつけられる怒涛の展開の連続。
既刊に比べて圧倒的にバトルシーンの割合が多いんだけど、キャラクターを凄い深く掘り下げて書いているから、戦っているだけでもキャラクターの心情がビシビシ伝わってくるんだよな。

ニーニウに対抗するため、完全無機物キャラだったラスコールが感情的になり命をかけて目覚めさせたのがミレポックっては意外だった。
ルルタと思考共有し、なんとか協力しようとするんだけど、あまりにも強大なニーニウにお手上げ状態。
そしたらまさかのチャコリーの能力譲渡でミレポックのハイパーモード化。
いままで重要キャラだったけど見せ場の少なかったミレポックが、最後に来て決戦のカギになるなんて嬉しい配慮だよな。
世界中の人々の思いをルルタに届けて元気玉状態のナイフを作るんだけど、そのナイフがコニオのナイフって所も無駄のない設定だ。

それでもニーニウの方が圧倒的有利だっんでどうするんだろうって思ったら、中盤から出番のなくなっていたハミュッツの力でルルタのピンチを救うために、本になった武装司書が次々と参戦。
ノロティーの出番は鉄板だし、ボルケンとハミュッツが手を組む所とかも熱いし、なんといってもイレイアさんの登場は最高にカッコよかった。
イレイアさん最強説を唱えていた自分としては、今回のイレイアさんの鬼人っぷりにはガッツポーズが出る。
神に対して格下扱いするセリフが出るし、ちょっと空気の読めなそうな性格もすごいマッチしていた。
イレイアさん本当にいいキャラクターだよ。

怒涛の反撃に移り、ニーニウの旗色がわるくなっていよいよ決着かって所で、ニーニウが最終形態に。
鉄壁の守りで攻め手に欠いたルルタ側だったけど、最後の最後でついにモッカニアさんが登場。
黒蟻の迷宮でも思ったけど、あの人の能力は反則だよな。
一人でニーニウと渡り合うことができるんだもん。
モッカニアさんはバランス崩壊するよ。

最後はギリギリのところで勝利し、ルルタの元にニーニウが帰ってきて大団円。
エピローグ的な部分の、ミレポックとマットさんのやり取りもシャレが利いていていカッコよかったな。
マットさんさすがだよ。

最終巻はオールキャラ総出演だし、みんなに素晴らしい見せ場があってぐうの音も出ないくらいの完成度だと思う。
戦う司書シリーズは、キャラクターの名前だったり能力だったりが凄く独特で、作品の雰囲気もライトノベルには珍しく大人っぽくて、オリジナリティーが際立っていたよな。
今まで絡んでこなかったキャラたちの会話だとか、異なる時代の武装司書の話なんかも読んでみたいけど、これだけ綺麗におわっていると、そういったIFがあるといいなっていう幻想を抱いたままの方がいいんだろうなって気持ちになる。
気が早いけど、山形さんの次回作も絶対に買うよ。
スポンサーサイト
[ 2010/01/26 00:41 ] 小説・本 | TB(0) | CM(0)

郷里大輔さんが亡くなられた 

郷里大輔さんが自殺をして亡くなられたらしい。
今の段階で自殺の理由は分からないけど、ものすごいショックだ。
別段大ファンってわけではないんだけど、この人の演じていたキャラクターがあまりにも多すぎて、もう二度と声を当てられることがないのかと思うと凄く気持ちが沈んでしまう。

会社帰りにバイオのアンブレラクロニクルズを買ってきたけど、やっていても内容が頭に入ってこないから今日は早々に切り上げたよ。

ご冥福をお祈りします。
[ 2010/01/18 23:11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

バカテスにおどろき 

バカとテストと召喚獣見ていたら、日笠陽子さんの代名詞である爆笑ギャグ「てへぺろ」が出てた。
日笠さん出演してないのに。

マジですごく浸透しているんだな。
[ 2010/01/08 10:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

けいおんライブ@横浜アリーナ 

けいおんのライブに行ってきた。
コミケ二日目とのダブルヘッダーですごく疲れたけど、行って良かったと思えるいいライブだったな。


まず横浜アリーナの大きさに驚かされた。
けいおんの人気の凄さをあらためて感じたよ。

印象に残った歌はふわふわタイムとマッディーキャンディーかな。
ふわふわタイムのコールをお客さんみんなで入れたときの一体感は最高。
マッディーキャンディーは、さわこ先生の曲だけカラーが違うからインパクトあるってのはもちろんだけど、真田さんの気合いの入った歌がそれ自体すごかった。歯ギターを奏でた時にはすごい笑っちゃったよ。
他にも、各キャラソンも良かったし、ダンスもよかった。
ダンスでは、佐藤さんと竹達さん。
佐藤さんは超元気いっぱいで、本当に律っちゃんみたいだった。
竹達さんはお尻をフリフリする仕草がめちゃくちゃ可愛かったな。

途中にあったアテレココーナーでは憂の良さに遅蒔きながら気付いたな。
米澤さんの声は心安らぐ作用があるよ。


最後の挨拶の所では、感極まって涙を流す人が続出の感動的な場面だった。
寿さんは普段しっかりもので熱いイメージだったから、涙を流しているのを見て年相応の女の子なんだなって思った。そしてコメントは熱かったな。
藤東さんは、歌っている時はノビノビしているように見えたけど、実は凄い緊張していたみたいで、ライブ成功にホッとした様子だった。思いの丈を涙しながら語っている姿を見ていたら、こっちまでうるっと来たよ。
日笠さんは過呼吸気味でしゃべれなくなるくらいの大号泣だったけど、所々笑いを挟んだりしてすげーと思った。いつもお客さんの事を意識してるエンターテイナーだよな。
豊崎さんは、アンコール歌っている時に涙ぐんでいたけど、最後までぐっとこらえてやりきった姿勢にプロ意識の強さを感じた。唯のイメージがあるから一見ほわほわした人に見えるけど、MCとしてライブを回したりできるんだもんな。

二期決定のサプライズもあったし、またイベントやって欲しい。



ただ、家に帰ってモモノキのDJCDの2を聞いて感動が吹っ飛んだよ。
内容が酷くて面白すぎだよ。
涙を返してほしい。
[ 2010/01/05 08:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

m.m.m. 2009年大忘年会 

だいぶ間が開いてしまったけど、桃井はるこさんのファンクラブイベントに掛川まで行ってきた。

掛川に早めに着いて、掛川城を観光しつつ「始めて1泊するファンクラブイベントに参加するし、気合の入ったファンの人たちの輪に入っていけるかな」とかなり不安があった。
ところがぎっちょん、始まってみたらあまりにも楽しくて夢のような時間だった。

1日目のメインはライブ。
お客さん150人に対して会場が大きかったんで、すごいゆったりしたスペースでライブに挑むことができた。
ガチ打ちしたい人は後ろ、女の子は最前、ゆっくり見たい人は2階と自然に住み分けされていて非常に見やすかった。
そして、お客さんはもちろんだけど舞台上の演者の皆さんが楽しそうだったのが印象的だったな。
リラックスした雰囲気で、出演者とお客さんの垣根を越えた一体感がありすごい盛り上がったよ。

2日目はなんといっても運動会。
今回のイベントに申し込んでから、運動会ってどんなことをやるんだろうって気が気じゃなかったけど、ふたを開けてみたらガチで運動会でびっくりした。
玉入れとかムカデ競争とかあったりして、本格的だったな。
ただ、準備運動では腕を回すところでサンダースネイクだったり、喜ぶポーズがバーニングで落ち込むポーズがorzだったり、他にも所々がオタっぽくて面白かった。
女の子の参加者が体操服にブルマって気合の入ったコスプレだったり、男の人でもセーラー服着ている人もいて、みんなの格好も面白かった。
自分のチームが優勝してサイン入りの巾着袋がもらえたのもよかった。

この2日間で一番よかったのは、同室になった人と仲良くできたことかな。
4人部屋だったんで、他の3人がグループだったらボッチになっちゃうよって思っていたけど、みなさん一人参加だったしとてもいい人だった。
泊まりのファンクラブイベントに来ちゃうくらいの人だから話の合うこと合うこと。
あんなに濃密な話ができるなんて、皆さんさすがだ。

気が早いけど、次ぎあるならぜひまた行きたい。
[ 2010/01/05 01:46 ] 日記 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。