スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アマゾンには765プロの工作員がいる 

アマゾンメール

アマゾンからのメールを何気なく見ていたら発見してしまった。
大企業アマゾンすら765プロの手に落ちるとは。
スポンサーサイト
[ 2011/10/29 17:47 ] アイドルマスター | TB(0) | CM(0)

アイマスの封入フィルム 

アイマスフィルムy
キャラ映ってないよ。
がっかりだ。
[ 2011/10/27 20:34 ] アイドルマスター | TB(0) | CM(0)

竜宮小町と律っちゃんシナリオて 

プレステ3版のアイマスに竜宮小町と律っちゃんをプロデュースできるおまけシナリオがあるらしいじゃんか。
あるのは嬉しいんだけど、なんで最初から入れてくれなかったんだという気持ちのほうが上回る。
怒る気はいまさら沸いてこないけど、なんだかやるせない。
もっとうまいこと騙くらかしてくれれば、気持ち良くお金を使ったりできるんだけどな。
[ 2011/10/26 11:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ラジオ小中部がものすごい面白い。 

間島さん下屋さんの鉄板コンビってだけで面白いのに、最新の8回はゲストが生天目さん。
面白くないはずがないよな。

絵を描くコーナーで下屋さんの絵が放送できないとかも笑ったし、間島さんと下屋さんを結婚させようとする流れとか秀逸だよ。
間島さん以外の出演者、スタッフ、リスナーみんなが二人をくっつけようとする良い番組だ。
最近は声優さんに彼氏がいたから殺害予告とか起こったりしてるけど、この番組はシャレが分かっていていいな。
[ 2011/10/25 23:49 ] ラジオ | TB(0) | CM(0)

アイマスイベント行ってきた 

週末はアイマス三昧。

まず土曜日は鷲ノ繪。
笑い過ぎてほほが痛くなるほどだった。
無茶な仕事の話で、案の定出た中村さんが梧空のコスプレをした話。
まさか平田さんがスーパーのおもちゃコーナーにある小さなモニターでその映像を見ていたとは。
こんな偶然あるんだな。

そのあとは池袋のナンジャタウンへ。
スタンプラリーを周り、ナンジャタウンのコラボメニューを食べ、カラムーチョを取るのに失敗し、とそんなことをしていると7時くらいになっていた。
水族館に行こうと思っていたんだけど、疲れてしまったので土曜はここで帰ることにする。

そして日曜も池袋へ。
まさか2日連続で行くとは思わなかったな。
日曜もナンジャタウンでコラボしてるアイスとハンバーガーを食べ、そのあと水族館を回る。
水族館は入るまでに30分もかかるし、展示の前は人だかりで写真がなかなか取れないしで大変だったな。
水族館の後は展望台に行ったんだけど、ここでも疲れちゃったからすぐに下りてしまった。
あと15分くらい待てば日が暮れて夜景も取れたんだけど、それどころじゃなかった。

帰りは青葉っていうラーメン屋があったから、デュラララに出てるキャラと同じじゃんと思っておなかすいてないのにつけ麺食べてしまった。

食事にお金を使いまくった週末だったな。



池袋アイマス01
伊織のコラボアイス。
見た目はきれいだったけど、目と口のぽっちがポロポロ落ちてしまい、写真を撮るのが難しかった。


池袋アイマス02
やよいのコラボパスタ。
もやし以外にもちゃんと肉が入っていた。
ごま風味が効いていておいしかったけど、やっぱりお値段が張る気がする。



池袋アイマス03
衣装展示。
ブーツの内側に名前が書いてあった。
展示車もまこと押しなだけあってセンターは平田さんの衣装だった。


池袋アイマス04
ラッピングカー。
鷲ノ繪に行った友達は仕事で池袋にはこれなかったので、運転席に座った写真を撮ってほしかったけど出来なかった。
残念。


池袋アイマス05
亜美真美のコラボバーガー。
ボリュームもあるし凄く美味しかった。


池袋アイマス06
真のコラボアイス。
さっぱり目でおいしいアイス。
顔がそっくりで、崩すのがもったいなかった。


池袋アイマス07
竜宮のスカジャンを着て行ったんだけど、池袋では他に一人だけ来ている人を見た。
値段張るものだから、あんまり売れていないのかな。



池袋アイマス以外01
サンシャイン水族館。
リニューアルしたばかりらしいんだけど、初めて行ったから分からなかった。


池袋アイマス以外02
一番きれいに撮れた写真。
ナンジャタウンでイカ娘とのコラボもやってたな。


池袋アイマス以外03
海の生き物じゃないけど、これも可愛かった。

池袋アイマス以外04
展望台からの風景。
そらが少し曇り気味。
スカイツリーとか富士山が見えた。

[ 2011/10/25 23:06 ] アイドルマスター | TB(0) | CM(0)

ダークソウルやっと終わった 

ダークソウルをついにクリアーした。
もう難しいのなんの。
睡眠時間もなくなるし、首とか目とか超痛くなったけど、なんとかクリアーできてよかった。
理不尽なくらい難しかったけど、本当にクリアーできるもんなんだな。
[ 2011/10/22 23:45 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行4&5日目写真 

アラスカ写真086
帰りの飛行場の早朝。
寒過ぎて煙突から出ている煙が横にずっと伸びている。
もっと寒いと、ホワイトホッグっていう排気ガスが地面の近くに漂ってしまう現象になるんだって。


アラスカ写真087
シアトルの町。
工場地帯かな。


アラスカ写真088
シアトルマリナーズのセフィコ球場だかっての。
オフシーズンだから野球はやってなかった。


アラスカ写真089
セントジョージとかなんとかって名前の大きな教会。
中には入れなかったけど、外観だけでも凄かった。


アラスカ写真090
坂の上から海を見下ろしている所。
シアトルは坂が多くて歩き疲れた。


アラスカ写真091
海辺の店の看板。
ここで晩御飯を食べた。


アラスカ写真095
晩御飯のサーモングリルが大きすぎ。
付け合わせのポテトフライも一本でおなかいっぱいになるくらい大きかった。


アラスカ写真092
天気は雨振りそうだけどなんとか持ってよかった。
写真の海上まで突きだしたお店がシャレオツな感じ。


アラスカ写真093
ここはスターバックスの1号店。
この店限定のブレンドコーヒー豆なんかが定番のお土産らしい。


アラスカ写真094
ショッピングモールにあったホットドッグ屋さん。
日本で聞いたことのないDogJapanなるもは百歩ゆずるとして、祭・歌舞伎、侍、源氏ときて肉だんごはないよ。
詰めが甘い。
[ 2011/10/22 23:40 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行5日目 

昨日の夜はぐっすり眠れ、だいぶ疲れが取れた。
人生初のオカルト体験もしたし。
寝入りばなにベッドの上を誰かが歩いているような感覚があったんだけど、いわゆる霊体験ってやつか?
疲れているのでイライラしていたから、がばっと跳ね起きて怒鳴りつけてやろうとしたら何も無かったし、おそらくは体が疲れているけど脳が起きている的な状態での錯覚だと思う。
スイーツさんとかはあの現象で、おばけ怖いとか言っちゃうんだろうな。

朝はチョコバーを自販機で買い朝食代わりに。
空港まで車で送迎してもらい、シアトルから一直線で成田まで。

今回の旅行はオーロラを主軸にしていたんだけど、もう少し他のオプションを入れてもよかったかな。


総括とて何点か。
・オーロラは自然のものだけあって、出るかどうか分からない。
 1日目と2日目はものすごい曇っていて、こんなとこまで来たのに見れないとか最悪だなと思っていたけど、
 2日目は曇りの合間に晴れてオーロラを見ることができた。
 3日目は朝から晴れていて期待していたんだけど、最初は遠くのほうにうっすら見れるだけだけ。
 結局こんなものかと思ったら、帰る30分くらい前に急に強く出始め、揺らめくように動くのが肉眼でも
 はっきり分かった。
 あれには本当に感動して、一緒に観測していた人たちと大いに盛り上がった。

・ただ、肉眼では緑色に光っているようなのは分からないくらいの光だった。
 水面に反射した照明なんかが暗い場所に映ってゆらゆらゆれている位のひかり方。

・オーロラはあれぐらいなのかという疑問
 オーロラは(初春さんくらいの)レベル1から(ビリビリくらいの)レベル5までっていう5段階に分類されるらしい。
 今回のはどれくらいのレベルだったんだろう。
 きっと(一方さんくらいある)レベル5だったら、もっとすごいはず。
 またフェアバンクスに行って、(黒子くらいの)レベル4はある奴が見たいな。


・フェアバンクスではお金をあまり使わなかったので、今回はクレジットカードを一切使わなかった。
 オーロラを見に行く以外本当に何もしなかったからお金を全然使わなかった。
 現地でオプションを入れて、もう少し色々楽しめばよかったな。

・寒さは対策をしっかりしていたからか大丈夫だった。
 上はヒートテック、シャツ、フリース+レンタルの防寒ジャケット、下はヒートテックタイツ、ズボン+レンタルの防寒ズボンで十分対策になった。
 ネットでイエローナイフに行った人の情報を参考に、衣類をたくさん持って行き過ぎたな。
 ガイドさんに話を聞いたら、イエローナイフのほうがフェアバンクスよりも寒いらしいし失敗した。
 ただ、観測中は指の先足先が冷えたので、靴用カイロとか靴下二重とかしたほうがよかったかも。
 靴下はあまり持っていかなかったので、足先がすごく寒かった。
 チェナ温泉で日本人の方に靴用カイロをもらったらものすごくあったかかったもんな。
 お土産や産に靴下はいっぱい売っていたし、日本から持っていかずお土産兼用として買えばよかった。

・帰りの空港で別の日本人の方が、カイロを麻薬と思われて入念なチェックをされていた。
 アメリカにはカイロがないから空港で止められる可能性があるという話しは本当だったんだ。
 その方は「ジャパニーズハンディーウォーマー」といったらなるほどねと感心されて、疑いも晴れたらしい。
 
・フェアバンクスは治安がいいみたいでふらふら歩いても他の州よりははるかに安全らしい。
 外は寒すぎて、ホームレスとか居ないんだろうな。
 町を歩いていてもフランクに話しかけてくれる人がいたり、かなり好感のもてる町になった。


こんなところかな。
フェアバンクスへの旅行はすぐにもう一度行きたいくらい楽しかったから、来年も計画してみよう。
[ 2011/10/22 23:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行4日目 

昨日はオーロラが長い時間出ていたので、ホテルに戻ったのが予定より遅かった。
なので、朝起きられそうに無いから寝ないでいようと思っていたんだけど、ついうっかりソファーでうとうとしてしまい、集合時間の15分後くらいに目が覚めて超あせった。
あわてて荷物を片付けて出たから、無線マウス用の充電を忘れてきてしまった。
たいした金額のものではないからいいけど、気がついていないだけで他にも忘れ物していないか心配だな。


フェアバンクスを8時45分の飛行機で発ち、今度は直接シアトルへ。
晴れていればマッキンリーが見えると聞いていたんだけど、かなり曇っていてよく分からなくて残念だった。

シアトルについてからは少しだけの市内観光。
セントジョージ大聖堂、湾岸、スターバックス本店と見て回った。
湾岸の軽食屋でサーモンを食べ、この日の食事は1回だけで終了。
早々にホテルに戻り、この日は早めに寝ることにした。
[ 2011/10/22 23:22 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行3日目写真2 

アラスカ写真071
3日目の夜は晴れていて期待大。


アラスカ写真072
低い位置だけど、3日目もオーロラが見えた。


アラスカ写真073
サイリウムとオーロラどっちが明るいか対決。
オーロラは肉眼だとはっきり緑には見えないんだけど、シャッタースピードを凄く遅くしてカメラで撮ったら同じくらいの明るさになった。
引き分けってところかな。


アラスカ写真074

アラスカ写真075
オーロラの光が強くなってきた。


アラスカ写真076


アラスカ写真077
サイリウムでmomoiと書いてみた。
モコモコ60分に送ったけどたぶん採用されなかったんだよな。
エジプトみたいに良い写真撮りたかったけど、もっと前面にオーロラが出ないとやっぱ駄目だな。


アラスカ写真078


アラスカ写真079


アラスカ写真080
オーロラを背景に記念撮影。
ガイドさんに聞いたんだけど、手持ちの懐中電灯を顔に数秒あてると顔だけ明るくてオーロラも入る写真が撮れるんだって。


アラスカ写真081

アラスカ写真082

アラスカ写真083

アラスカ写真084
光が動いてるのも分かって感動的だったな。


アラスカ写真085
マイナス35度くらい。
コップのお湯をまいたら一瞬で凍って面白かった。

[ 2011/10/22 23:21 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行3日目写真1 

アラスカ写真050
ホテルの部屋から。
3日目は良い天気で、オーロラが期待できる。




アラスカ写真051
スーパーで売っていたおもちゃは日本のものだった。
爆丸すごいな。


アラスカ写真052
カラフルなゼリービーンズ。


アラスカ写真053
毒々しい色のケーキ。


アラスカ写真054
頭?のケーキ。
面白いけど、頭をかち割って食べると思うと食欲が失せそう。


アラスカ写真055
バレンタインが近いから、フェアでハートのケーキを売っていた。


アラスカ写真056
アメリカらしく、スーパーで銃を売っていた。
エアガンみたいだけど、本物なんだよな。


アラスカ写真057
こっちはライフル。
アラスカは熊とかいるからライフルが多いのかな。
女の人用っぽい小さめのライフルがピンクってのは笑った。




アラスカ写真058
川向うの教会を訪ねて入れてもらった。
ここは礼拝堂っていうのかな。


アラスカ写真059
ステンドグラスはどれもきれいだった。


アラスカ写真060
磔にされたキリスト。
杭が痛々しいけど、聖おにいさんを読んだ後だとなんか面白いこと言ってきそう。


アラスカ写真061
雪の中に白い教会ってのは絵になる。
空も晴れていていいな。



アラスカ写真062
エンジンが寒過ぎてかからなくなるから、駐車場で電源をつないであっためていた。
駐車場に駐車スペースはたくさんあるけど、電源は数が少なくて奪い合いらしい。
電源を勝手に抜いて自分の車に挿しちゃう人ととかいて、凄いむかつくんだって。



アラスカ写真063
晩御飯に入ったレストランのスープ。
野菜たっぷり。


アラスカ写真064
アラスカの地麦酒。
おいしい黒ビールだった。


アラスカ写真065
適当に頼んだらエビづくしだった。
量がすごく多かった。
イカ娘だったら大喜びしただろうな。


アラスカ写真066
夜はお店が閉まるのが早くて、日暮れにはほとんど閉まっていた。
土産物屋が多いから、そんなものなのかも。



アラスカ写真067
これは昼に食べたタコス。
できたてで凄く美味しかった。
20種類くらいあるトッピングをセルフで自由に乗せられて、本場って感じだった。


アラスカ写真068
タコス屋さんのメニュー。
どれも安い。


アラスカ写真069
タコスが小さめだったから、追加でチーズバーガーを頼んだら超大きかった。
肉の部分が1ポンドくらいありそうだったよ。


アラスカ写真070
道路が凍っていて、渡るのも怖かった。
晴れていた方が寒い気がした。
[ 2011/10/22 22:28 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行3日目その2 

最後のオーロラツアーに出かける前に、晩御飯を食べに行く。
ホテルからなんとか歩ける距離にあるアメリカンレストランへ向かったんだけど、
ダウンタウンのはずれの方にあるお店だから街頭もなくなってきて歩いていて少し怖かった。
結構な距離あるいても見つからず、ガイドブックで途中確認しつつ何とかお店に到着。

ここではサーモンを注文しようとしたんだけど、メニューに載っていなかった。
残念だけど次点ということでハリバットという超大きなヒラメを注文。
でも、しばらく経ってから本日はヒラメを切らしていましたとか言われてしまった。
この二つ以外の魚は何が有名だか分からないし、そもそもメニューが何かいてるんだかさっぱりだったので、適当にこれくださいと指差してみた。
そうしたら、出てきたのは海老の串焼きだった。
魚ではなかったけど、味はすごく美味しくてこれはこれでよかったな。
海老を肴に飲んだアラスカの地ビールおいしかったし。
後になってホワイトボードに本日のスペシャルとしてグリルサーモンと書いているのを発見してしまったけど、まあよしとしよう。
また、ここでは店員のおねえさんとかお客さんが何かと話しかけてきてくれて、緊張しつつも会話を楽しめた。
旅行の目的を聞かれて、オーロラ以外にもたどりつけばアラスカが好きだから来たんだよと言ったら、店員のお姉さんやお客さんえらく食いついてきてくれて、私はDVDもっているだとかいろいろ教えてくれた。
海外旅行によく行ってるんだし、いい加減そろそろ英語を話せるようにしたいと強く感じる食事だった。

食事のあとはホテルに戻り、集合時間までの3時間くらいを睡魔と闘いながら過ごす。
どうしても眠くなったので、PCのゲームをしたりしつつなんとか持ちこたえることができた。
DVDのイメージをPCに入れていったんだけど、仮想ROMソフトがすごく調子が悪くて見れなかったのは残念だったな。




昨日までは同じ日にアラスカに来た4人組のグループと一緒だったんだけど、その人たちはこの日の朝に帰ると言っていたので、今日は別のグループと一緒だった。
俺を入れて4人で、俺より少し年上の男性と少し若そうな女性のカップル、少し年上そうな女性の一人という構成。
ガイドさんも昨日までとは違い、女性の方だった。
カップルさんたちは昨日からアラスカで、昨日はオーロラは見れず。
女性は今日からアラスカで、アラスカに来るのは2回目との事。

空が晴れてはいたので期待をしていたんだけど、中々現れず皆さんと話しながら待つ。
ガイドさんから聞いた話で面白かったのはカニ漁の話。
カニ船は10日くらいを1サイクルとして3ヶ月くらいの漁期間で働くらしいんだけど、なんと1サイクルで300万円も稼ぐんだって。
その分危険と隣りあわせらしいけど、300万はすごいよな。
蟹工船とはえらい違いだよ。

2度目という女性は、前回来た時の話なんかをしてくれて、アイスフィッシングが面白かったと言っていた。
ワカサギ釣りみたいな感じで氷に穴を開けて、ニジマスとか岩魚が釣れまくって忙しいくらいだったらしい。
慣行人数は2人とかからってのが多いけど、他グループと共同で行くこともあるとの事だったから、俺も申し込んでみればよかったな。
この女性は前回来たときに犬ぞりレースのスタートも見たと話していて、アラスカ満喫度がすごい人だった。
俺は今回の旅行はオーロラをメインに置きすぎて、それ以外のことを調べてくる余裕がなかったかも。

そんな話で盛り上がっていたら、いよいよオーロラが見えてきた。
昨日までと違い、晴れているから肉眼でも分かりやすかった。
写真に写るほどはっきりとした色があるわけではないんだけど、踊るようにゆらゆらしているのは綺麗だったな。
あの動きは写真ではあらわせられないので、薄っすらとはいえ肉眼には肉眼のよさがあった。
ネタとして仕込んできたサイリウムで、momoiと書いた物とオーロラの対比の写真を撮ったり、一緒に参加した3人さんはコンデジだったので、一眼でオーロラをバックに写真をとってあげたりだとか、今まで出一番充実した日だった。
オーロラが強かったから帰る時間を延長してもらい、たっぷりオーロラ観測をすることができた。
この日は月の明かりが強い日だったから、新月のときに再チャレンジしてみたくなったな。
ホテルに戻って写真をチェックしたら、記念写真はピンボケ気味で申し訳ないことをしてしまった。
とくに一人参加の女性は偉く楽しみにしていたようだったので合わせる顔がないよ。
写真撮影の腕を上げないと。
とりあえず日本に帰ったら、ピンボケスペース修正で即効ググる。

今日2月13日は誕生日だったんだけど、宇宙が祝福してくれたとか言い出しちゃう厨二全開な日だった。
[ 2011/10/22 22:02 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行3日目その1  

朝の9時過ぎに起床。
昨日眠ったのが遅かったので、すごく眠い。

風呂に入ったりなんだかんだして、11時位にホテルを出てスーパーマーケットへお土産を買いに行く。日本ではなかなかお目にかからない超大型スーパーは歩き回っているだけで物珍しくて楽しかった。
帰りは歩こうかとも思ったけど、インフォメーションセンターでタクシーを呼んでもらいホテルへ。
片道20ドル位と聞いていたけど、10ドルくらいだったからなんだか得した気分だ。

ホテルに着いたらいい時間になっていたので、食事に出かける。
初日に行こうとしたアメリカ料理のレストランが今日も休みだったので、ホテル裏手にあるタコススタンドへ行くことに。
タコスを注文したら思いのほか小さかったので、チーズバーガーも追加で注文。
アメリカの映画で、ドライバーが休憩に入る店で出てくる楊枝が真ん中に刺さっているような大きなハンバーガーが出てきた。
こんな感じのハンバーガーは、ファントムで子供のころのキャナルが夢中になって食べていたような気がする。
間に挟むパテは、日本のファミレスだったらビックハンバーグって名前で出しそうなくらい大きかった。

食事の後はいったんホテルに戻り、次は目の前の川に行く。
足で表面の雪を掘ったら、凍っている水面が見えるとガイドさんに聞いていたから試してみる事に。
つま先で雪を掘り、手で細かい雪を払うと水面の氷が本当に見えた。
この川は流れが急だし底は岩だから、流されたら人間は粉々になってしまうらしい。
今の時期だけ氷がはるから歩けるけど、3月には氷が薄くなってしまうんだって。


次は川をはさんでホテルの向かいにある教会に行ってみる。
ガイドブックを読んだら、中を見学していいと書いてあったので入ってみると、神父さん一家っぽい人が内装の飾りつけをしていた。
快く入れてくれて、写真をばしばし撮ることができた。
帰りに絵葉書もくれたし、やさしい人たちだったな。

[ 2011/10/22 22:01 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行2日目写真3 

アラスカ写真032
雪が降りしきる中山の頂上にオーロラを見に移動。


アラスカ写真033
月が明るくて、オーロラには不利な天気。


アラスカ写真034
山の向うにオーロラが出るらしく、その位置にカメラを固定して待つことに。


アラスカ写真035
長いこと待ったけど、念願のオーロラが徐々に見えてくる。

アラスカ写真036

アラスカ写真037


アラスカ写真049

アラスカ写真038
オーロラを背景に記念撮影。


アラスカ写真039

アラスカ写真040

アラスカ写真041

アラスカ写真042

アラスカ写真043

アラスカ写真044

アラスカ写真045

アラスカ写真046

アラスカ写真047

アラスカ写真048
2日目はしっかりオーロラを見ることができてよかった。
[ 2011/10/22 19:08 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行2日目写真2 

次は2日目に行った温泉の写真。



アラスカ写真015
ガイドさんの車で温泉まで移動。
ものすごくまっすぐな道だけど、凍っているからノロノロ運転。
アラスカでは車のタイヤにスパイクがついてた。
タイヤにスパイクがついてるから、すぐに道路が傷んでしまうらしい。
道の横に広がっている森の植物も針葉樹で、北国ならではって感じ。


アラスカ写真016
温泉のロビーに飾っていた絵。
温泉の周りにいる動物だって。
山奥にたまたま温泉がわいていたから、その周りに滞在できる建物を少しだけ作った感じの場所だったから、豊かな自然に囲まれていた。


アラスカ写真017
ロッジの中に飾ってあったムースの首。
バイオハザードとかでよく見るけど、アラスカにはこういう首がいろんなところにあった。


アラスカ写真018
外にいた馬車用の馬。
背中に雪が積もって寒そう。
モンゴルで見た馬よりも体が大きく、足にも長い毛が生えていて極寒地用装備だった。


アラスカ写真019
ガンタンクの下部分みたいなキャタピラ車。
これで山の上にオーロラを見る人を運んで行く。
雪山もこのキャタピラなら登れるからすごいよな。
マスターキートンで、石畳に石鹸水を流して戦車を撃退した話が載っていたけど、雪は大丈夫みたい。
雪も滑りそうなのにな。


アラスカ写真020

アラスカ写真021
氷のミュージアムに飾ってあったオブジェ。
氷を半分に切って、その中に色々な物を入れて作るんだって。


アラスカ写真022
氷のバラ。
ライトアップされていてきれいだ。


アラスカ写真023
氷のチェス。
ひとつが消化器くらいの大きさなんで、実際のプレイはできなかった。


アラスカ写真024
ちょっとわかりにくいけど、これは氷の侍。
彫刻家の人がラストサムライを見て作ろうと思ったんだって。
でも、細かいところが分からないから、日本人スタッフがたまたま持っていた宮本武蔵のフィギュアを参考にさせてもらったらしい。


アラスカ写真025
氷でできたグラスで飲むカクテル。
バーも全部氷でできていた。
お酒はアルコール度数が高めなリンゴのリキュール。
アルコール度数が低いとお酒が凍ってしまうから、度数の高いお酒になってしまうらしい。


アラスカ写真026
これは氷の彫刻世界大会で優勝した作品のレプリカ。
本物の三分の一の大きさらしい。
これを作るのに300時間くらいかかるんだって。


アラスカ写真027

アラスカ写真029
温泉のレストラン。
ロッジ風で、アメリカの田舎らしくのんびりしていた。


アラスカ写真028

アラスカ写真030
ここで食べたのはサラダとステーキ。
ステーキは厚いんだけどやわらかくておいしかった。
デザートもあったんだけど、集合時間まで時間が無くて食べられなかった。


アラスカ写真031
温泉で濡れた髪が、外気が氷点下だからすぐに凍ったところ。
凍った髪が耳に当たって痛かった。
水着着用ってのとお湯がぬるいってのが海外の温泉のイメージだったけどお湯は熱かった。
水着も、温泉自体の水深が深いからプールみたいで温泉っぽくなかったな。

[ 2011/10/17 00:27 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行2日目写真1 

アラスカ2日目の写真。
まずは町の中を散歩した時のもの。

アラスカ写真011
これは土産物屋を歩いていたら声をかけられた現地の人。
いきなり写真撮ってくれって言われて驚いた。
写真を撮ったら喜んでくれたな。
この写真だけ見たら悪い人みたいだな。


アラスカ写真012
ホテルの前にあった看板。
ホテルの前は、ユーコンクエストっていう3大犬レースの一つのスタート&ゴール地点になっていて、土産物屋になっていた。
滞在していた1週間後がちょうどゴールする所だったみたいで残念。


アラスカ写真013
ホテルの前の川。
表層は凍っていて車が通ったりしていた。
ここに犬ぞりがゴールするときは人だかりになるらしい。


アラスカ写真014
川向こうの教会。
教会なんて日本では行こうなんて思わないんだけど、海外だし自然の厳しい中で見るとありがたく感じる。
[ 2011/10/16 23:58 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行2日目その2 

ガイドの方に運転してもらい、1時間半くらいかけてチェナ温泉に向かう。
道の途中でカリブーに遭遇する可能性があったらしいんだけど、今回は見れず残念だった。
温泉までの道中に群生している植物が北国独特で面白かったな。



温泉に着いたら、少し周りを散歩し、最初は氷の博物館を見学。
この博物館は建物から展示物まですべて氷でできているらしい。
西洋甲冑の展示物は本物の三分の一の大きさだとか。
本物は氷のアート世界大会で大賞を受賞した作品らしく、300時間くらいかけて作られたらしい。

この博物館の中にはホテルとして実際に使える部屋も4部屋あった。
ガイドさんの話では、たまに泊まるお客さんが居るけど、寒いから朝には一緒に借りることになるロッジの方の部屋へ退散してしまうらしい。
600ドルもするみたいで、お金払って寒い思いをするなんて拷問ですねとの事。

博物館内にあるアイスバーでりんごのカクテルを飲む。
結構度数が強いですねとガイドさんに言ったら、アルコールではないと中で凍ってしまうので、お酒とお酒を混ぜたカクテルだから強めなんですと教えてもらった。
寒い場所ならではだな。

博物館をでると、辺りは暗くなっていた。
緯度が北の方だけあって日が沈むのが早かった。



そして次は温泉に入る。
お湯はあったかかったんだけど、室内から露天風呂へ移動するまでがマイナス20度くらいなので、20mくらいを転ばないように猛ダッシュ。
足元は雪なんだけど、足の裏より体の方が寒かった。

お湯を空気中に撒いて凍るようだったら、持ってきていた水鉄砲を出して氷の水鉄砲で遊ぼうと思っていたんだけど、残念ながら液体のままだった。
youtuboでみたポッドのお湯が瞬時に凍るのは、すごく寒いときにやったんだろう。
マイナス40度くらいになると、排気ガスが凍ってしまい地表を漂うホワイトホッグとい現象になるらしいので、そのくらいの寒さが必要なのかも。

温泉で髪の毛を濡らしてみたら、1分くらいで凍ってしまった。
事前に凍ると聞いていたからビショビショにしたんだけど、凍った髪の毛が耳に当たり、冷たいを通り越して痛くなってしまった。



だらだらしていたら1時間くらい経過していて、雪上車への乗車まで残り1時間となっていた。
あわてて着替えてからレストランへ。
海外のレストランらしく、料理が出てくるのが遅いのなんの。

ステーキはすごいおいしかったんだけど、量が多くて時間も無かったので残してしまった。
急いで出ようとしたら、ケーキもあるんですけどと言われたんだけど、とても食べている時間が無いのでキャンセル、
急ぎすぎてチップを払い忘れたと思ったんだけど、たしか初日の説明で温泉のレストランはチップ込みで料金払っていると言っていたので、気にする必要なかったかな。



ガンタンクの足部分みたいなキャタピラ雪上車に乗り、標高が麓より400m高い山の上まで行く。
辺りは真っ暗で雪がちらついていたけど、なんだかオーロラ出るような気がしてくるから不思議だよな。
カメラを外にセッティングし、ロッジの中で待機。
元気のある若い人グループなんかは外にオーロラをチェックしに行ったり中で暖をとったり繰り返していたけど、すごい曇っていたし外に出る元気がなかったよ。

ガイドの人に、このブログのタイトルにもした大好きなたどりつけばアラスカについて聞いたら、どうやらシシリーって町は架空の町で、あのドラマはワシントンでロケをしていたんだって。
なんだか夢を壊された気分。

親切な人に靴用カイロをもらったり、チョコをもらったり、カメラのセッティングをするために懐中電灯をつけて調整していたら他の人から結構強い調子でオーロラが写らないからやめろと注意されて凹んだりしながらまっていると、定期的にとっていた空の写真が緑がかってきたような気がしてきた。
肉眼ではまったく見えないし、カメラでも微妙だったからロッジに居る人を呼びに行くか迷ったんでしばらく様子を見ていると、ロッジから出てきた人が「オーロラ出てきた!」と騒ぎ出したので、やっと確信を持ってオーロラだとわかった。

その後は夢中でシャッターを切りまくる。
肉眼では緑には見えず、雲が薄くかかっている程度なんだけど、写真に撮るとはっきりと緑のカーテンが見えた。
そんな感じのオーロラも30分くらいすると消えてしまい元の真っ暗な夜に。
念願のオーロラが見れてよかった。


またロッジに戻ると、カップめんを持ち上げた状態で外で凍らせ、食品サンプルのような状態にしている人が居た。
写真を撮らせてもらったんだけど、外からカメラを持ち込んだらレンズが10秒位で一気に結露してしまいすごくあせる。
あわてて外に出したけど、大丈夫だったかな?
この後オーロラが出ても、ちゃんと写真が取れないかもと凹んでいたんだけど、この日はオーロラは現れずタイムアップ。

下山し、一緒のホテルから行った別グループの人に麓の様子を聞くと、麓でもオーロラが見れたみたい。
このグループの人は今日までといっていたので、向こうも見れてよかったな。
写真を見せてもらったら、コンパクトデジカメだけどはっきりと緑のカーテンが写っていた。
撮影時刻も同じだったし、同じオーロラを見ていたんだな。

ホテルに戻ってからは明日もあるしすぐに寝ようとしたんだけど、なかなか寝付けず眠りに落ちたのは朝方5時くらい。
[ 2011/10/16 22:09 ] 釣り | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行2日目その1 

朝の9時くらいに起きてスーパーにお土産を買いに行こうと思っていたんだけど、寝坊してしまい起きたのは11時。
集合時間の14時まで時間が少ししかないから、スーパーは断念することに。
[ 2011/10/16 21:51 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行1日目写真 

1日目の写真をまとめてアップ。

アラスカ写真001
まずは旅行の時にお決まりの機内食。
ビビンバおいしかったな。


アラスカ写真002
アラスカの空港。
雪が降っていたり地面が凍っていたり、空港からして景色が違う。


アラスカ写真003
空港にあった白クマのはく製。
他にも動物のはく製が飾ってあった。
街中には出てこないらしいけど、ちょっと郊外にいったらいるみたい。


アラスカ写真004
最初に防寒着を借りに寄ったホテル。
ここは防寒着を借りるだけで、泊まったホテルとは別。
建物の感じがロッジ風で寒い地方っぽさが出てる。


アラスカ写真005

アラスカ写真006
これは泊まったホテルの部屋。
ひとり旅にはもったいないくらい豪華なスイート。
キッチンもついてるし、うちの家と同じくらいの広さだった。


アラスカ写真007
部屋からの眺め。
目の前には川と教会があり、良い眺めだった。
この日は曇っていたから、晴れた時に遠くまで見渡したいと思ったな。


アラスカ写真008
晩御飯のタイ料理。
この旅行で一番おいしかったかも。
量がすごく多かった。


アラスカ写真009
オーロラを見るために行ったロッジ。
入口にはムースの角が並んでいていい感じのロッジだったけど、天気がよくなくてオーロラは見れなかった。


アラスカ写真010
ロッジの周りの樹が樹氷?ってやつになっていてきれいだった。

[ 2011/10/16 17:47 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行1日目その3 

オーロラは残念ながら雲が厚くて見れなかった。
悔しいど、明日に備えてすぐに寝よう。
[ 2011/10/16 02:11 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行1日目その2 

飛行機は隣の席が空きという良席にもかかわらず、結局今回も寝れなかった。
映画は先週見たばかりのデューデートしか見たい最新作が無くついてないし。
アメリカまではいつもと同じパターンだった。
さらに、入国審査のときに係員から「Do you have girlfriend?」とか聞かれたんだけど!
余計なお世話だっての。
誕生日にアラスカくんだりまで一人で旅行に来てるのを見ればわかるだろと言いたいよ。
言葉の壁さえなければ、と大変くやまれた。
入国審査官にされた仕打ちに対して、これだからアメリカは空気読まずに戦争とか仕掛けちゃうんだよと八つ当たり気味なことを考えながら無事入国。


シアトルについてからは1時間くらいでアラスカのアンカレッジ行きの飛行機に乗る。
少し時間があったから、食べ物を頼もうとしたんだけど、食べたかったベーグルの注文方法がなぞ過ぎて分からず、次点のバーガーキングのセットを頼んだ。
こういう時英語が話せればいいなと思う。

アンカレッジまでのフライトは2時間位しかなかったけどこっちの方が機内では寝れたな。
赤松健さんが言っていた、10分寝てすぐ起きてを1時間繰り返し、体に十分な睡眠があったと勘違いさせるという荒業を行った気分だよ。
そういえば、この機内では座席が真ん中だったんだけど、両隣のおばさん二人が俺を挟んで自己紹介とかはじめちゃって、
絶対話しかけてくるなよってプルプルする事態になった。
ちょっとした会話なら面白いからアメリカの人と話してみたいけど、あのマシンガントークには対応できないよ。

2時間のフライトは暇つぶしには時間が中途半端だし、やることが無いからドリンクと一緒に渡されたナプキンで鶴を折って暇つぶしをしていたんだけど、完成したとたん隣のおばさんが「ビューテホー」とか「コングラッチュレーション」とか言ってきて少し驚いた。
隣の人に話しかけるのはかなりハードルが高いけど、鶴を折ってアピールするっていうのはやりやすいし、今度からもきっかけとして鶴を折ってみようかな。


アンカレッジでは航空券のチェックインをする必要があった。
でも、旅行会社の人がこの空港には居なくて少し不安。
それでも、無人発券機を見つけ、少し手惑いつつも無事チェックイン完了。
これくらい楽なら、少しずつなれて完全個人旅行をしてみるのも悪くないな。

アンカレッジからフェアバンクスまでは3時間くらいだったんだけど、空が尋常じゃないほど曇っていた。
やっぱりオーロラ見れないのかなと凹みながら空港に着いたんだけど、現地の旅行代理店の人から「晴れたり曇ったりを繰り返すから、諦めなければ可能性はあるんですよ。」という力強い言葉をいただく。
3日後くらいにピークがきそうとも言っていたので、俄然やる気が出てきた。
外はマイナス12度くらいだったんだけど、寒さも吹き飛んだよ。
こっちでは華氏表示だから温度計が分かりにくかったけど、表示から35を引いて2で割れば摂氏だと教えてもらった。
日本に帰ったら100%忘れるだろうけど、旅行中は大いに役に立ちそう。

ホテルには17時くらいに着き、オーロラ観測ツアーへの出発は22時。
それまでに晩御飯を食べないといけないので、風呂に入った後ガイドブックに載っていたアメリカ料理のレストランを探して歩く。
だけど、日が暮れてからは寒さが一層増すし、真っ暗でレストランの場所もよく分からない。
おまけに歩き回っていたらホテルがどこだったかもよく分からなくなり、ホテルがあったであろう辺りへ負け犬の気持ちで戻る。
目的のレストランはホテルのすぐ裏手辺りだったんだけど、歩き回っているうちにどうやら潰れたか定休日でやって居無そうなことがわかってきた。
1日目のディナーはサーモンのグリルが食べたかったんだけど、あまりにも寒くて歩き回るのが大変になってきたから、目の前にあったタイ料理のレストランに入る。
外国で一人のときに普通のレストランに入ったのは初めてだったから、チップどうしようとか注文どうしようとかかなり緊張していたけど、適当に頼んだメニューはすごくおいしかったし、他のお客さんがやっていたように余った料理のテイクアウトもできたのでかなり満足。
注文したダイエットコークが来なかったんだけど、そんなものどうでもよくなったな。
料金が17ドルだったから、チップに18%くらいつけろというガイドさんの話を思い出しつつ20ドルはらい、お釣りはいらないんで残りはチップですよと伝えたら、なんだかすごく喜ばれた。
もしかしてあの店はチップとかいらなかったんかな?
でも、払わずに無作法を働くよりか全然いいよ。
[ 2011/10/12 19:58 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカ旅行1日目その1 

初日はいつも会社に行くより早くに起床。
昨日チョコレートガールズ2って舞台を見に行ったりしていたので、睡眠時間が少なくかなり眠かった。

成田へのバスでもかなり寝てしまい、移動中に読もうと事前に買っていたはがない4巻はバス内で一度も出さなかった。
せっかく遠出するんだし、アイマスモバイルの地方の仕事をバリバリこなそうと思ったら寝ぼけて
幕張エリアを2回選んでしまうし散々だった。

空港についてからは両替くらいしかすることが無く、朝食のカツカレーを食べた後搭乗までの5時間くらい暇をつぶすことに。
ただ、今回はバス内で手付かずだった小説があったから、待ち時間があっという間だったな。
はがない4巻を持って行ってよかった。
最初は星奈派だったけど、夜空もかわいくなってきて悩みどころだ。

デルタの飛行機は定刻どおりに離陸し、まずはシアトルへ。
飛行機の中で仮眠が取れるといいんだけど、毎回寝れないんだよな。
[ 2011/10/11 21:58 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

アラスカに行ったんだけど 

今年の2月にアラスカに行ったんだけど、ブログに書くのずっとさぼってたんだよな。
旅博に行って旅行熱が再燃してきたし、そろそろブログにアラスカの事書こう。

テキストには起こしてあるし、貼り付けるだけなんだけどね。
[ 2011/10/11 21:57 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

旅博2011に行ってきた 

もう先週の事になっちゃったけど、今年も旅博へ行ってきた。

会場を回った印象では、アジアが力を入れていてEUとかアメリカ系は弱かった気がする。
あと、国内の観光地がすごく多かった。


旅博2011-1
アジアの踊り娘さんと。
顔の化粧が厚くて仮面みたい。


旅博2011-2
ミスバリだったかな?との写真。
写真に快く応じてくれて、凄く好印象。


旅博2011-3
お昼に食べたインドのカレー。
ムンバイスペシャルっていう名前でおいしかった。
[ 2011/10/11 21:53 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

とある飛空士への追憶観てきた 

とある飛空士への追憶をみてきた。

原作小説が大好きなんで、映画にも期待していたんだけど、当たり障りのない映画になってて小説ほどではなかったな。
シャルルの宗教、ファナが幕の向こうから世界を見ている、水着のくだり、魚釣りをしたり料理をするくだり、トイレ我慢、この辺りはごっそりカット。
映像は綺麗だったから、空戦のところなんかは迫力あってよかったのに。
髪が長くてパッツンのファナは、銀髪だからかアイマスの貴音に見えてしょうがなかった。

あと、ファナ覚醒はもっと劇的な演技してほしかったな。
[ 2011/10/10 14:22 ] 映画 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。