スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

星間商事株式会社社史編纂室を読んだ 

三浦しおんさんの星間商事株式会社社史編纂室を読んだ。
オタクが主人公って話は凄く増えたけど、社会人アラサー婦女子ってのはなかなか珍しいんじゃないかな。
漫画とかアニメではなく、小説だからこそ映える設定なのかも。
作者が三浦しおんさんってのも説得力が増す要因になってるし。

舟を編むと続けて読んだんだけど、舟を編むの方が本としては面白かったけど、
こっちの方は社会人オタクの生活がリアルで他人事とは思えない場面ばかりだった。
特に、友達とのやりとりはドキリとする。
学生時代から3人でBLサークルの活動をしてきたけど、一人が一般人と結婚して脱オタする
っていう設定は自分にもあてはまるもんな。
主人公と彼氏のつかづはなれずな関係と比較すると、一般的には結婚する友達の方が幸せなんだろうけど
無理して脱オタしてテニスサークルに入っていたような非オタの人とオタだったのを隠して結婚しても
幸せそうに見えないんだよな。
その点、もう一人の友達は旦那も趣味の事を知っていて、その事に一切触れてこないっていう方が
健全な感じだったもんな。

タイトルにもなっている社史の仕事っていうのも、俺のやっている誰でもできそうな仕事ってのとかぶって
わかるわかるってなった。
仕事よりも趣味優先だけど、かといって仕事も手を抜かないってのは自分にも当てはまるもんな。
この本みたいに、会社の闇を暴いてやるぜみたいなドラマチックな事は起きないけどね。
スポンサーサイト
[ 2012/01/31 22:57 ] 小説・本 | TB(0) | CM(0)

ミゾテリートラベルに行ってきた 

先週の日曜に溝ラジのイベント、ミゾテリートラベルに行ってきた。
ミゾテリートラベル01



週の中ごろに東京は雪が降ったりしていたから、当日の天気がすごい心配だったけど
なんとか曇り程度となってホッと一安心。
まずは新宿に集まってみんなでバスに乗り込む



行き先はまったく分からないミステリートラベルだったからどこに行くのか全然分からなかった。
途中でアイマスのエリアゲームをやることで、なんとなく北にむかっていそうだって事は
把握できたけど、会場にバスが止まっても最初はどこなのか全然分からなかった。



そうしたら、会場がファンタジー世界に出てきそうなお城だったのですごい驚いた。
今回のバスツアーはダンジョントラベラーズの発売イベントもかねていたようなので、
雰囲気にピッタリの会場。
城の名前もロックハート城っていうToHeart2にあわせて用意したようだった。
ミゾテリートラベル02

城について最初はDVDの先行上映。
会場は城の一番奥にある結婚式なんかに使うホール。
壁には絵画、天井にはシャンデリアとすごい場所での上映。
ミゾテリートラベル03

内容を詳しくは言わないほうがいいっぽいんであんまり触れないけど、
ルー子の衣装をはじめとした各キャラの格好がいつもと違ってまずびっくり。
溝ラジリスナー的には、ささらとまーりゃんの登場シーンが多く、楽しめる内容でした。



上映会の後は昼食。
昼食を食べた場所も、モンハンのクエストを受けるギルドみたいでテンションあがった。
ミゾテリートラベル04

名物っぽかった超長いウィンナーが珍しかったな。
ミゾテリートラベル05


昼食後はそのままの場所でイベントの部。
英麻様、涼子タンがプリンセス姿にドレスアップしていて超豪華。
そこにSUARAさんとれなさんの歌姫2人で姫4人によるイベント。
会場や格好はすごかったけど、話している内容はいつものラジオで楽しかった。
ライブパートでは、超至近距離でSuaraさん、れなさんの歌を聴け、
なんて贅沢なんだろうと感じだった。
イベントの部はすごい短く感じた。

あと、溝ラジにメールを送ったら読まれた内容なんだけど、
イベント後に会場の外でプレス撮影みたいなのをやっていて、
その時たくさんの雪にテンションが上がった様子のSuaraさんが、
雪を手に取ったのですが冷たかったのか速効で投げ捨てるようにしていたのが、
無邪気な少女の様でおかしかった。

ミゾテリートラベルはとてもいいイベントだったし、またぜひやって欲しいんだけど
参加料金安すぎるよ。
利益が出るように参加費をもっと上げてくれないと、参加するほうが心配になる。

ぜひまた行きたいな。


おまけで城周り写真
ミゾテリートラベル06
ロックハート城に飾ってあった玉座。
これは本物なの?

ミゾテリートラベル07
ハプツブルグ家の王冠。
これも本物?

ミゾテリートラベル08
これはマリリン・モンローが使用した衣装。
口紅の後もうっすらと付いていた。

というか、何でこんな豪華な展示があるんだろう。
展示物の内容は豪華なんだけど、統一感が無いんじゃないのか?

ミゾテリートラベル09
階段からの写真。
城にはシャンデリアがいたるところにあった。

ミゾテリートラベル10
王子だかの部屋。
内装がすごい高そう。

ミゾテリートラベル11
外に飾ってあった甲冑。
ハートとロックっていう城の名前だから、恋人がうんたらかんたらっていうのを押しているらしい。

観光としても城面白かった。
[ 2012/01/29 20:08 ] イベント | TB(0) | CM(0)

二回目のけいおん 

さっき映画のけいおんを見てきた。
暇すぎたからふらっと思いついて見に行ったんだけど、いい時間の使い方ができた。

公開からだいぶたったからか、映画館はがらがらだったな。
客席を見ていたら、映画の内容とか、けいおんっていうアニメが完結っぽいなってのと相まって、終わってしまうのが淋しくなった。
[ 2012/01/28 23:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ぬこらじ終わっちゃったな 

パーソナリティーの大宙さん涼子タンはじめ、スタッフさんリスナーさんみんないいラジオだった。
大宙さんからはクズコーナーとかゴミみたいとかけちょんけちょんに言われた占いという名のくじ引きコーナーも、リスナーさんが実戦したら本当になったりしてミラクルだったり、ゲストの力丸さんが作品愛を熱く語ったり、原作絵師さんからメールが来たり。

おまけにあの最後。
何かあるかと思っていたけど、いきなりハリウッドムービーみたいな展開になるのは予想外すぎた。
復活を気長に待っていよう。
[ 2012/01/27 23:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

逃げられた? 

ヤフオクで入金した商品が届かず、どうなっているのかとマイページにログインしたら、出品者のIDが公開停止中になっていた。
落札した時も、連絡が来るまで2日くらいかかったし、怪しかったんだよな。

ヤフオクのヘルプをみたら、5000千円以上の場合は7割りしか返金されないらしい。
買ったものはゲームソフトだからたいしたお金じゃないのがせめてもの救いだ。
[ 2012/01/27 08:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

力丸さんの事を侮っていた 

ましろ色シンフォニーのラジオのヌコラジに力丸さんがゲストだったんだけど、これがすっごかった。
力丸さんって硬いって言うわけじゃないけどまじめでギャグとか言わないですっごいいい人ってイメージだったんだけど、
印象が一気に塗り替えられた。

前半のアニメに対する熱いトークは今までのイメージどおりだったんだけどな。
いきなり超エロイ事言い出して、「スタッフさんに言われたとおりドッキリ仕掛けました」だって。
パーソナリティーの水島大宙さんと小野涼子さんがスタッフさんに聞いたら、全員首を横に振っている状態。
いきなりセルフドッキリを仕掛けたみたいで度肝を抜かれた。

その後も水島さんにめちゃくちゃ突っ込んで中々他の話題に逃がさなかったりして面白かったな。
攻める力丸さんって始めて聞いたけど、この個性は生かして欲しい。
[ 2012/01/19 23:31 ] ラジオ | TB(0) | CM(0)

最近ステマ騒動がすごい 

最近ステマ騒動がすごいな。
特に、はちま寄稿の騒動はすごかった。

俺はそんなにのめりこんで記事を読んでいないからかもしれないけど、あんなに追い込まなくてもいいんじゃないかって気がするけどな。
偏った意見だったり、事実とは異なる内容だったのかもしれないけど、中身が面白かったのは事実なんだけどな。
CM要素は入っていて、そういうものだろうって思っていたんだけど、世間的にはそうは思われていなかったってことなのかね。

あと、ステマ騒動ってのがルーマニア203のケロケロカードのシナリオにそっくりで、ルーマニアってすごかったんだなと思うのとゲームの内容っぽい騒動でちょっと面白い。
[ 2012/01/19 22:55 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

WINTER C@RNIVAL昼公演に行ってきた 

日曜日にアイドルマスターのWINTER C@RNIVAL昼公演に行ってきた。
出演者は当日の下手からの並び順で沼倉さん、浅倉さん、中村さん、
長谷川さん、下田さん、仁後さんという6名。
6月に控えたオールスターのライブより規模は小さいけれど、アニメが
最終回を迎えた直後だからか始まる前からお客さんは活気付いていた
ように感じた。
12時過ぎくらいに会場に着いたんだけど、その時点で選考販売だった
一番くじは売り切れ。Tシャツもサイズがなくなってきていて、俺が買った
所でちょうど黒のMサイズが品切れになっていた。
そんな感じで、グッズ販売も好評そうだった。



ライブ開始前恒例の諸注意アナウンスはアニメでP役の赤羽根さん。
今までは社長か小鳥さんってことが多かったから、これには驚いた。
生アナウンスだったから、お客さんの歓声に驚いた反応をしていて
新鮮なリアクションだと思ったな。

さらにサプライズだったのは、開始前アナウンスの中で「音無さんが
綺麗に着飾っていましたよ」という発言。
これには会場が沸いたな。
去年の池袋でのお渡し会とか収録GOなんかでは滝田さんが復帰した様子
を知っていたけど、生登場でしかも歌まで歌ってくれそうっていうのは
テンションがあがった。



オープニングは全員でアニメのOPのREADY!!
ライブのオープニングにはIDOLM@STERっていうのが定番だったけど、これは
アニメ化の影響をすごく感じた。

最初のMC中にはシークレットゲストとして滝田さんと原さんが登場。
原さんは夜の部にご出演されるのでなるほどと納得したけど、滝田さんは
本当に驚いた。
後で見たら、夜の部は昼のみ出演の沼倉さんと完全シークレットの平田さん
だったみたい。
平田さんが見たく無かったってわけでは決して無いんだけど、久しぶりの滝田
さんの方が見たかったから昼でよかった。

皆さん白を基調としたコートっぽい衣装でお綺麗だったな。



ソロパートで今回印象が強かったのは下田さんと仁後さんと滝田さん。

下田さんは黎明スターラインで、ロボットダンスなどの不思議な振りがすごかった。
パントマイムとかムーンウォークとか、それだけでやっていたら失礼ながら
全然だめジャンってなりそうなんだけど、あの歌と合わさるとより不思議感が
ましてすごい空気だった。
ツインポニテもかわいかった。

仁後さんは超定番のキラメキラリ。
衣装がやよいの私服っぽくて、首からはベロチョロを下げまんまやよい。
髪型は今まで見たこと無い、左右低い位置でしばっていて、高槻やよい○○年後で
少し大人になった時の画像みたいだったな。
すごいよかったのは、間奏のときに肩幅くらい足を開いて膝をかくんかくんってしながら
リズムを取っているのがよかった。

滝田さんは、復活してくれたのが嬉しくてうるっと来た。
空を歌ったんだけど、無敵ねっていう歌詞のところで手をガッツポーズみたいにして
力強く握り締め無敵っぽさを表現したり、涙を人差し指でぴっとぬぐうような所とか、
細かいけど歌詞とシンクロしていて関心した。
今までのライブでは気が付かなかったけど、ちょっと見返してみようかな。
空ってただでさえいい歌詞だし、会場全員で歌って感動的な空間だった。

他にも、中村さんのうわさの偽豊崎さんヘアーとかお客さんにコールを促すべく
マイクを向けるときにハイっていうのがサイっていっているように聞こえてしまって
笑っちゃったり、かわいらしい系の歌だったんだけど衣装のせいかムッチリ目で
なんだかセクシーだった沼倉さん、雪歩まんまだなっていうALRIGHT*の浅倉さん、
貴音がっすっきーというアイマス屈指のコールであるフラワーガールを歌った原さん、
熱唱ってのがぴったりの長谷川さんなど、見所いっぱいだった。



MC企画の各キャラの名場面紹介も、色とりどりで個性が出ていたな。
響は口のパクがあってなかったのはやっぱり変だよ。


あと、アニメスタッフの人たちが見に来ていたようで、アニメを作っていた人たちが
アニメのライブをそのまま実写化したようなライブに来ているってのが仲がよくて
いい関係だなって思った。

6月のライブも絶対行きたい。
[ 2012/01/19 22:49 ] アイドルマスター | TB(0) | CM(0)

ビブリア古書堂の事件手帖 

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


本屋さんに並んでいるときから気になっていたんだけど、買わないでいるうちに凄い売れちゃって手を出しにくくなっていたこの本。
本好きな女性が主役っていうとRODと文学少女という名作があるから、読子とか遠子先輩を超えるのは不可能だろうっていう思いもあったし、どうしようか凄い悩んだけど年が明けてから買ってみた。

キャラ押しで行くのかと思っていたんだけど、そこまで押しは強くなかったな。
こんな本屋さんに行ってみたいなと思うこともあったけど、売れそうな設定を入れて作っているなっていうのも感じてしまい、100パーセントでは楽しめなかったな。
2巻も買ったけどね。
[ 2012/01/11 22:55 ] 未分類 | TB(1) | CM(1)

わさんぼん2巻 

わさんぼん (2) (まんがタイムコミックス)わさんぼん (2) (まんがタイムコミックス)
(2012/01/07)
佐藤 両々

商品詳細を見る


佐藤両々さんの中で一番好きなわさんぼんの2巻がやっと出た。
今回は草餅の学生時代の同級生が新たな登場キャラとして増えたり、咲良ちゃんが草餅に傾いたりと恋愛がらみの話が進展していい感じ。
その分牡丹ちゃんの出番が減った気がする。
1巻は牡丹派だったけど、2巻を読んだら3人ともよくて選べなくなったよ。

普段ドラマとかってみないけど、この漫画はぜひ実写ドラマ化してほしいってくらい面白いもんな。
続きが出るのは1年以上先になると思うけど、気長に待とう。
[ 2012/01/11 22:47 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

正月番組 

元旦0時からMXでやっているクラブのママのカラオケ大会がすごい面白かった。
新年あけたての番組とは思えないめちゃくちゃゲスな話しているんだけど、去年に引き続き見てしまった。

そしたら、榊原ゆいさんのブログでも絶賛されていて驚いたな。
ゆいにゃんとは好きなものが本当に似てるんだよな。
[ 2012/01/11 22:42 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

年末の事 

だいぶ時間がたってしまったけど、12月に行ったイベントについてつらつらと。



まずは桃井はるこさんのファンクラブ忘年会。
今回で3回目の掛川。
掛川は今年で最後ということで、行こうか迷っていたけど参加することにした。
受付が午後からだったので、午前中は掛川花鳥園に行ってみた。
よく2chに写真うpスレがたつだけあって、色鮮やかな鳥が多く写真撮り応えがあった。
フクロウのショーは目の前で見れて大迫力。
100円で鳥たちの餌が売っているんだけど、餌をあげようとするといっせいに集まってきて
すごい面白かった。自分の昼食より鳥の餌代の方が高くついたけど、とっても満足できた。
掛川花鳥園


午後からは待ちに待った忘年会。
初日はライブと宴会。
ライブは毎年思うけど、アットホームな感じですごく聞きやすかった。
3年目にして始めてリクエスト曲が選ばれたのもよかったな。
忘年会ではカラオケ大会があり、各チームのパフォーマンスが秀逸。
コタツを買いに行って仕込んでくるなんてすごすぎるよ。
最後は桃井さんからサインをしてもらえるコーナー。
俺は去年の忘年会で撮ったツーショット写真をのばした物にサインしてもらった。
参加者の人はCD、DVD、本なんかにサインしてもらうのが多かったみたい。
桃井さんも「この発想はなかった」と言っていたよ。

それと、今年は初めて部屋飲み会のようなものにも参加してみた。
同室だった人がファンの人同士の集まりによく顔を出す人だったみたいで連れて行ってもらったような形だけど、みなさん熱い感じでたのしかったな。
連れて行ってくれた人は55歳って言っていたんだけど、すごい若く見えて楽しそうだったな。
あんな年のとり方うらやましいよ。
飲み会は夜中の1時過ぎに切り上げて自室で寝たんだけど、次の日話を聞いたら引き上げた直後に
もどしてしまった人が二人もいたみたいで大惨事だったみたい。
ナイスタイミングだった。

二日目は今回の目玉のカート大会。
マリオとかサイバーフォーミュラーのコスプレしている人もいてみんな気合はいってたな。
どんなものなんだろうと思っていたんだけど、乗るマシーンは最高時速20キロで二人乗り用のファミリー向けのものだった。
アクセルを踏みっぱなしでもインコーナーを余裕で曲がれるものだから、ドライビングテクニックの
ようなものはいらなくて簡単に運転できた。
体重の軽い人が有利だったみたいだ。
運動会よりも一体感はなかった気がするけど、みんなが同じ活躍できたってのはよかったんじゃないかな。

いつもぼっち参加だから他の人とあまり話したりしなかったけど、今回は飲み会なんかにも行って
割と話せたのも楽しかったな。



次はイベントじゃないけど、アイドルマスター最終回。
千早の復活があまりにも盛り上がりすぎて、最終回直前の春香復帰に少しだけ乗り切れなかったんだけど、最終回はすごいよかった。
ライブのシーンの力の入り方とか尋常じゃないし、ストーリー的にも財布とかの複線だったりPが戻ってきたり生っすかサンデーの後番組だったり、満点のハッピーエンド大団円だった。
アニメが始まった頃はアイマスファンはゲーム版のCVでアニメにしてくれるってだけで楽しめるだろうけど、アニメから入った人は内容的に視聴辞めてしまうだろうなって思っていたけど、そんなことはなかったな。
前半でもあずささんの回とか面白いと感じたんだけど、後半の生っすかサンデーのドタバタだったり各担当回の面白さ、千早回と春香回の盛り上がりはすごかった。
アニメ化されて本当によかったよ。



年内最後のイベントは今井麻美さんのライブ。
元々行くつもりなかったんだけど、アニソンプラスを見たらチケットが余っていそうだったので行ってみようかと思い、チケットを購入した。
最初は曲もうる覚えだったけど、ニューアルバムを買って聞き込み、万全の準備をして望んだ。
予想以上にお客さんが多かったのと、打ち系の激しい人がいなくて一元さんにもとても見やすいライブだった。
今回のクリスマスはとても充実していたぜ。



そして最後はコミケ。
今回はバスで4時半に会場に乗り付けるっていうプランを1日目に使ってみたんだけど、これが最悪。
用意されたバスがたんなる観光用バスで、寒いし狭いし過酷な環境だった。
ただ、朝早いのはさすがで目的の企業が1日で回れてよかったよ。
3日目はチェックが甘くてサークルの場所分からなくなったりもしたけれど、アイマス島とかのほしいものも変えたし満足いく結果だった。



年明け最初はアイマスライブになるから、それまでしばし休んで体調を整えないと。
[ 2012/01/05 18:55 ] 日記 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。