スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

舞台版WORKING 

舞台版WORKINGを観劇してきた。

最初、女性キャストはかわいくて合ってるけど男性キャストはイメージと違ってだめだなって感じだった。
でも、見ているうちにどんどん違和感が無くなっていって、最後の方は納得のいく実写化だったな。
特にぽぷら役の方かわいかったな。

違和感なくなったのは、役者の方の声が大きいと思った。
アニメの喋り方だったり声を相当練習したんだろうな。
アニメ1期の総集編の様な内容だったから、原作知らない人にはちょっときついかもしれないけど、
知ってる人なら楽しめると思う。

想像以上に楽しかった。

スポンサーサイト
[ 2012/05/16 00:13 ] 舞台 | TB(0) | CM(0)

ロンドン7日目写真 

2012london_7_0998_120504_001204.jpg
ウィンザー城の周り。
ハクチョウと川と草原がきれいだった。

2012london_7_1032_120504_001426.jpg
ウィンザー城内の回廊。
場内はものすごい凄い広かった。
世界を支配するっていうのはこういうことかと圧倒されたな。

2012london_7_1039_120504_001445.jpg
門番とその絵を描く学生。
遠足みたいなものか、小中学生っぽい子供たちがたくさんいた。

2012london_7_1044_120504_001505.jpg
中央の塔とその周りの堀部分を改造した庭園。
庭園も豪華だった。
[ 2012/05/14 00:53 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン7日目 

7日目はやらかした。
帰国日が明日だと思って観光に行っていたんだけど、本当は今日が帰国日だった。


朝ご飯を食べた後、観光出来ていなかったウィンザー城へ。
ウィンザー城には入場できるまえについたので、まずは城の周りを散策。
川べりを散歩したら、白鳥がたくさんいてビックリ。
日本だと動物園とかじゃなきゃ見れないのに、ロンドンはよく見る鳥なんだな。


しばらく散歩した後ウィンザー城へ。
まずオーディオテープを借りたんだけど、ここでは無料で借りられるし、
博物館や美術館で借りたテープよりもすごくわかりやすくてすごく助かった。

ウィンザー城は外観もすごく面白かったけど、特に内部の展示がいい。
美術館のテープで、実際に飾ってあった場所は暖炉の上なので、暖炉の火の照明
が照らした状態だと違った見え方だったのでしょう、と言っていたから、実際に
飾ってあった場所と見え方なんて一緒だろって思っていたのが吹っ飛んだ。
薄暗い城の中で見る絵とか展示物は迫力が何倍にもましていた。
世界中を支配下に置いていただけあって、城の広さとか展示物は博物館以上じゃないかな。
この城は今も実際に使っているっていうのもまたすごい。

ウィンザー城がイギリス観光で一番面白かった。


城の後は駅で食事をし、市内にある日本の旅行デスクへ。
BBCに行けるか聞いてみたんだけど、4月にスタジオが移転したらしくすぐには行けないと
いう事だった。

しょうがないので、一度ホテルへ荷物を置きに行く事に。
ホテルについたら、部屋のカギが何度やってもあかない。
フロントへ行くと、チェックアウトがどうとかこうとか言われる。
何を言ってるのか分からなかったんだけど、どうやらチェックアウト時間が12時で
今15時ですよという事が言いたいみたいだった。
30ポンド払えといっていたので、カードを渡してとりあえず支払い。
この時点では、ホテルの予約が一日分出来ていなかったのかこの日が帰国日だったのか
半々くらいだった。
でも、帰国日だったら送迎の迎えが来るまで1時間しかない状態だったので
荷造りしてロビー迎えを待ち、来なかったら再度フロントに交渉しようと決める。
部屋に戻ったらやっぱりカギが開かなくてもう一度フロントにもどり、
新しいカギをもらって急いで部屋へ。
パニックになりながらあわてて荷造りを開始する。
今回はお土産を買いすぎていたのか、最初は鞄が閉まらなくて詰め直したりしていたら
あっという間に待ち合わせ時間になってしまった。
あわててチェックアウトの手続きをし、ロビーで迎えを待つ。
迎えの時間が過ぎても誰も来なかったんだけど、道路の状態によっては時間通りに到着できません
と事前に言われていたので、ドキドキしながら迎えを待つ。
この時には、自分が帰国日を間違えていたんじゃないかというのがほぼ確定だなと思っていたな。
待っている時間暇だったので、スーツケースの中に入れて割れそうだったはちみつを
手荷物に急いで入れ替えたりしていると、20分後くらいにやっと迎えが来た。
車に乗ってやっと一息つくと、お金が余計にかかったりしたけど、帰国時にバタバタするのは
けいおんの映画みたいでこれはこれでよかったなと思える余裕が出来ていた。

空港についたらVATという税金を返金してもらえるカウンターにならぶ。
ここはすごい混んでいて、30分くらいかかってしまった。
帰国時間がない人はここに並んでいられないよな。

空港内で一休みした後、出国手続きへ。
手荷物検査の列に並ぶと、自分がまたやらかした事に気がつく。
迎えを待っている時、手荷物にはちみつを入れたんだけど、よくよく考えたら
ジェル状のものとかは手荷物で持ち込み禁止なんだよな。
スーツケースは預けた後だからどうしょうも無かったし、検査で引っ掛からなかったら
そのまま行けるだろとダマで行くことにしたんだけど、しっかり引っかかってしまい
はちみつ5瓶は全て没収。
ハチの巣入りの綺麗なはちみつが没収され非常に残念。

へこたれて搭乗待ちをしていると、ベンチの後ろの席の人が超怒っている声が聞こえてきた。
どやら、彼女が彼氏に鞄を確認してねって何度も念をおしたけど確認をしなかったみたいで、
なんかをホテルに忘れてきてしまったみたい。
「あんだけ言ったのに何で確認していないの。自分の分だけだったまだいいけど、人にも迷惑かけてるんだぞ。
気分が悪いまま帰国することになって最悪。」
というような事を彼女が一方的に言っている。
その間彼氏は一言も口を開かずうつむいていた。
それを盗み聞きしていたら、はちみつ取られたのなんて自分にしか迷惑かからないし、
可愛いもんだなってちょっと元気がでた。
自分もミスった後だからか、何もそこまで怒ることないじゃないですかとかばってあげたかったな。

帰りの飛行機は疲れていたからずっと寝てすごし、約12時間後に日本に無事帰国。
ハプニングが色々あったけど、今回の旅行も楽しかった。
[ 2012/05/14 00:36 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン6日目写真 

2012london_6_0858_120504_001127.jpg
アビーロード。
朝だし雨だからか観光客はいなかったけど、車通りが多かった。

2012london_6_0874_120504_001222.jpg
ベーカーストリート。
駅前にホームズの像があったりしたけど、たいして見るところなかった、ここは降りなくてもよかったな。

2012london_6_0899_120504_001342.jpg
ネルソン提督の像。
石柱の上に像があるんだけど、この柱がすごい高くてそれが一番驚いた。

2012london_6_0901_120504_001346.jpg
ナショナルギャラリー外観。
これを撮影しているのがトラファルガー広場。
午後はここでなんかのデモをやっていてい凄い人が集まっていた。

2012london_6_0902_120504_001348.jpg
オリンピックカウントダウンの看板。
ここで写真を撮っている人が多かったな。

2012london_6_0918_120504_001417.jpg
マーケットの中。
この時はまだ開店準備中でガラガラだけど、昼時は人でいっぱいだった。

2012london_6_0930_120504_001448.jpg
教会の地下にあるカフェ。
足元には墓石みたいなのがあるし、宗教的にいいのかこれ?
雰囲気は凄いよかったな。

2012london_6_0944_120504_001548.jpg
昼ごはんのミートパイ。
味付けがしっかりしていておいしかった。

2012london_6_0945_120504_001553.jpg
本屋さんにあった日本の漫画。
イギリスだけに黒執事なのか?
他にはナルトとかデスノートとかカードキャプターさくらなんかがあった。
イギリスでいろんな本屋さんを探したんだけど、日本の漫画を売っていたのはこの本屋だけ。
日本でアメコミの本を買うような感覚なのかも。

2012london_6_0957_120504_001621.jpg
ナショナルギャラリーの併設カフェでアフタヌーンティーをした。
紅茶はすごいおいしかった。
おなかがすいているときにもう一度行きたいな。

2012london_6_0979_120504_001638.jpg
カムデンタウンの駅構内。
プラットフォームにあるんだけど、距離が近すぎるからなかなかいい写真が撮れなかった。
結局、止まった電車の中から扉があいている一瞬の隙に撮影。

2012london_6_0986_120504_001649.jpg
劇場の座席についていた双眼鏡。
お金を入れると使えるみたい。
日本の劇場にもぜひ導入してほしい。

2012london_6_0987_120504_001656r2.jpg
ウィーウィルロックユーの劇場入り口。
英語は分からなくても凄い楽しめた。
[ 2012/05/14 00:33 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン6日目 

6日目も朝から雨。
午後には晴れるとテレビの天気予報でやっていたんだけど、午後からウィンザーに行くと
帰ってくるの時間が微妙になりそうだから明日ウィンザーへ行くことにする。

ウィンザー以外の予定は決めていなかったので、どうしようか考えてナショナルギャラリーへ行くことにした。
ウィンザーへ行こうかと思っていたから、ナショナルギャラリーが開館するまで時間があるし、
朝で雨ならすいているだろうとアビーロードへ行ってみた。
話に聞いていたとおり、交通量が多くてちょっと危なかったけど、写真が撮れて満足。
他に観光客っぽいのは一組だけで、その人から写真取りましょうか?的な事を言ってもらい、
自分の写真も撮れたのもよかったな。

その後は再びカムデンタウンへ。
行く前までは地下鉄駅構内の写真を撮ろうと思っていたんだけど、外に出て駅の周りを
すこし捜し歩いていたらすっかり忘れてしまった。

カムデンタウンではたいした収穫も無く、すぐにナショナルギャラリーへ。
地下鉄を降りてすぐのトラファルガー広場で写真を撮ったりしていたんだけど、
開館まではまだまだ時間がありそうだったから近くにあるマーケットへ行ってみた。
そしたら、そこもまだ開いていない。
10時30分にオープンとなっていたけど、30分やること無いしどうしようと少し迷う。
どこか他に行こうかとも思ったけど、昨日2時間以上まったのに比べたら30分なんてたいした
こと無いなと思い、近くのコーヒーショップで時間をつぶす。
10時30分ちょうどくらいにマーケットへ戻ったんだけど、オープン後すぐすぎたのかあまりお店
が開いていなかった。
この日は朝ごはんを抜いて出かけたからすごいお腹がすいていて、マーケットにある屋台で
何か食べる気満々だったのにがっかり。
お腹がすきすぎてどうしようか悩みながらナショナルギャラリーへもどると、ガイドブックで
みたクリプトっていう入り口が開いていたから入ってみる。
なんかのカフェだったよなと思い、地下への階段を下りていくと、石造りのすごい場所にでた。
ここは教会をそのままカフェにしたところだったみたいで、ロケーションがすごかったな。
パイとコーヒーを頼んで遅めの朝ごはんにする。

その後はいよいよナショナルギャラリーへ。
ここでもオーディオテープを借りて回ったんだけど、展示数が多すぎるのか主要な展示40点
だかにしぼった解説だけだった。
どれが有名なのかありがたい仕様だと思ったけど、色々回っていく中で気になる絵も出てきて
どうせなら全部の解説テープにして欲しかったな。

最初は生の絵画に感動したんだけど、宗教画とか同じようなモチーフの絵が多くて、最後の方
では食傷気味になった。
それでも、日本の美術館のように人だかりで何も見えないなんて事は無く、すぐ目の前に
ある絵画は見ていて面白かったな。
一番有名っぽいゴッホのひまわりの周りにはさすがに人が多かったけど、それでもじっくり見ることができたし


ナショナルギャラリーの後は備え付けのカフェでアフタヌーンティーをしようと思っていたんだけど、
開始が3時からってなっていて2時間くらい待たないといけなかったのでもう一度マーケットへ。
お昼時だからか今度はにすごい賑わい。
時間をつぶすために大道芸人のパフォーマンスを見たりしたあと、ここで昼食をとることにする。
本当は屋台がよかったんだけど、良いお店が無かったのでパイのお店へ。
ビーフミートパイを食べたんだけど、パブメニューに飽きてきていたからすごく美味しかった。

昼食後もまだ時間余っていたから、夜にミュージカルを見ようかなと思って半額チケットを
売っているエリアへ行ってみる。
そもそも何を見ようか決めていなくて、日本で見たことあるやつの方がストーリー分かっていていいのか、
せっかくだからこっちでしか見れないのにするべきか迷う。
日本で見たことあるウィキッドにしようと心がかなり傾いたけど、チケットが意外と高めだったため、
思い切って初観劇となるWe Will Rok Youにしてみた。
クイーンの曲を何曲もつかったミュージカルってなっていて、クイーンの曲ってそんなに知らないけど
ウィー ウィル ウィー ウィル ロックユーっていうフレーズだけは知っていたから
その一転突破のみでこれに決めてみた。
あらすじも、未来の楽器がすべて壊れてしまっただかいう世界を主人公が救うって明るそうな
のにも惹かれたし。
50% Offくらいで買えてラッキーだったよ。
日本でもこういうシステムが始まってくれたら良いのにな。


良い時間になったので再度ナショナルギャラリーへ。
あまりお腹すいていなかったけど、アフターヌーンティーを注文。
案の定量が多くて少し残してしまった。
ここでも、隣に座っていたシンガポールからの旅行者と言っていた老夫婦が写真撮りましょうかといってくれて助かった。
最初何を言われているか分からなかったので、やっぱり少しは英語がしゃべれるようになりたいよ。

アフタヌーンティーで結構困ったのが食べ方。
上の段から食べるって言うのは事前に調べていたので、サンドイッチから食べたんだけど、
次の段のスコーンを食べる時、上の空いた皿がすごい邪魔だった。
あれってどかして良いのか?
紅茶はもちろんだけど、スコーンとスイーツがすごい美味しかったから、もっとお腹すいている時に
注文したかったな。


アフタヌーンティーのあとは一度ホテルに荷物を置きに戻り、朝撮り忘れたカムデンタウンに
行って見た。
なんかいくれば気が済むんだっていうくらいカムデンタウンにいってるよな。
途中でビックベンの違う角度からの写真を撮りに急に降りたりもして、ミュージカルの劇場には
集合時間の7時を5分くらいすぎたちょうど良い時間につく。
周りの格好はラフな人が多かったけど、ドレスアップした人もちらほら。
無理してドレスを着てきたようのなハイティーンの女の子みたいのもいたし、やっぱり気取って
来た人もいるみたい。

内容は、英語が分からなかったりクイーンを知らなかったりで心配していたけど、
分かりやすい内容ですっごい楽しめた。
日本で見ていたミュージカルはシリアスな物が多かったんだけど、明るい内容のミュージカルの
方がいいな。

疲れ気味なので、この後はホテルに戻って就寝。
[ 2012/05/14 00:08 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン5日目写真 

2012london_5_0564_120504_001716.jpg
郊外へ向かう電車。
地下鉄とは駅の造りが違って、ちょっとした旅行気分。

2012london_5_0582_120504_001826.jpg
ウィンザー城外観。
ダークソウルに出てきた城みたい。

2012london_5_0591_120504_001833.jpg
ウィンザー城前。
鉄の柵が用意され、その周りに人がたくさんいた。
ただ、日本みたいに後ろの方は見えないって感じじゃなかったな。
箱根駅伝の観客くらいの混み方。

2012london_5_0594_120504_001837.jpg
ウィンザー城に掲げられていた旗。
これはエリザベス女王が滞在しているときに掲げられる旗。
女王不在の時はユニオンジャックが掲げられるみたい。

2012london_5_0595_120504_001837.jpg
女王がくるからか、ユニオンジャックが大量に用意されていた。
観客用が振る用の旗を配っている人とか、女王の顔がプリントされたユニオンジャックの旗を
売り歩いている人もいた。

2012london_5_0607_120504_001855.jpg
衛兵交代式の行進。
俺がいた場所では行進を見るだけだったから、1分くらいで終わってしまった。

2012london_5_0634_120504_002006.jpg
花を受け取るエリザベス女王。
凄い近さだった。
俺も最前列で見ていたから、花を持っていけばよかったな。

2012london_5_0645_120504_002014.jpg
何かを配っていたお姉さん。
街の雰囲気とあっていて違和感なかった。




2012london_5_0657_120504_002023.jpg
オックスフォード駅前に合った牛の像。
オックスフォードは昔の王様がこの地で牛のセリを始めて、その時集まったたくさんの牛が川の様
だったとか何とか。

2012london_5_0672_120504_002035.jpg
オックスフォードの教会。
工事中で塔に登れなくて残念だった。

2012london_5_0681_120504_002040.jpg

2012london_5_0685_120504_002042.jpg
昼食のステーキとクリームパイ。
肉は塩コショウだけって感じだったから、焼き肉のたれがほしかったな。

2012london_5_0689_120504_002043.jpg
2階がオープンのダブルデッカー。
このタイプの2階建てバスには乗らなかったな。

2012london_5_0692_120504_002044.jpg
クライストチャーチの外観。

2012london_5_0697_120504_002046.jpg
不思議の国のアリスの説明。
オックスフォード大学の教授が学長の娘をモデルにして不思議の国のアリスを描いたらしい。

2012london_5_0699_120504_002047.jpg
だだっぴろい草原。
この自然がアリスの小説に影響してたりしていなかったりだとか。

2012london_5_0708_120504_002051.jpg
クライストチャーチの内側から。

2012london_5_0722_120504_002055.jpg
クライストチャーチの食堂。
ここがハリーポッターのロケで使用した食堂みたい。
ダンブルドア校長先生が「スリザリン!」とかやってた所かな?

2012london_5_0723_120504_002056.jpg
食堂は実際に使っているみたいで、長いテーブルにコップとか食器が並べられていた。
昼食の時間は少し過ぎていたけど、レストランのスタッフみたいな人も隅の方で仕事していた。

2012london_5_0741_120504_002100.jpg
大聖堂の中。
日本語の説明チラシがあって見どころが分かりやすかった。


2012london_5_0764_120504_002112.jpg
祭壇。

2012london_5_0770_120504_002113.jpg

2012london_5_0781_120504_002122.jpg

2012london_5_0750_120504_002104.jpg
綺麗なステンドグラス。



2012london_5_0797_120504_002127.jpg
ロンドン塔外観。
塔っていうより城って感じ。

2012london_5_0809_120504_002131.jpg
タワーブリッジ。
想像以上に大きくてビックリした。

2012london_5_0818_120504_002134.jpg
ロンドン塔の前でやっていた行進。
楽器とか銃を持って行進していたけど、なんの行進だったか分からない。
毎日やってるのかな?

2012london_5_0840_120504_001714.jpg
エロスの像。
エロスって女神だったと思うんだけど、この像は天使だった。



2012london_5_0843_120504_001716.jpg

2012london_5_0844_120504_001716.jpg
晩御飯のチャーハンとフカヒレスープ。
スープが超おいしかった。

2012london_5_0851_120504_002144.jpg
雨に歌えばの劇場。
この辺りは劇場街で、いろいろなミュージカルを上演していた。

2012london_5_0856_120504_002146.jpg
怪しい道路標識。
遊び心があるよ。
[ 2012/05/13 23:32 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン5日目 

5日目はウィンザー城とオックスフォード観光。

朝食のあと色々準備をし、8時30分くらいにパディントン駅に到着。
電車の切符は自動券売機もあったんだけど、よくわからなそうだから窓口へ。
この日回る予定の駅を紙に書いた物を前日に準備をしていたから、それを見せるだけで買えるようにしておいた。
まずはウィンザー&イースト リバーサイドまでのチケットだけを買おうとしたんだけど、
係りの人がパディントン - ウィンザー間 スラウ - オックスフォード間の券を2枚ずつ発券
してきた。
往復券ってことだろうけど、いきなり予定が狂わされた。

ウィンザーまでのチケットをインフォメーションのところで見せてプラットフォーム番号を
教えてもらい、電車に乗り込む。

スラウっていう駅で乗り換えアリって聞いていたんだけど、自分が乗っている電車は
乗り換えたほうがいいのかそのままでいいのかがよく分からなかった。
社内の電光掲示板を必死でみてどやら乗り換えたほうがよさそうだと判断し、一度スラウ駅で
降りる。
結果から言うと乗換えが必要だったから正しい判断だったんだけどね。
スラウで降りて初めて分かったのが、ウィンザーまでは必ず乗り換えないといけ無そうってこと
確証はないけど、乗った電車の感じからしてウィンザーースラウ間のみ運行している電車っぽかった。

ウィンザーに着いたら、坂の上に城が見えてきてテンションがあがる。
何より晴れているのがいいね。
城の周りを歩いていたら、なんだか歩道に柵が並んでいて人がちらほら集まっていた。
衛兵の交代ってやつかとおもったんだけど、エリザベス女王即位60周年の旗をもっている
ひとがいたりテレビカメラが来ていたり、もしかしてエリザベス女王がパレードでもするんじゃね?
っていう感じがした。
ウィンザー城に掲げてある旗を見たら、エリザベス女王がいることをあらわしているとかガイドブックに書いてあった気がする
旗だしよく分からないけど駄目元で並んで待つことに。
9時30分ぐらいから並んだから一番前に陣取れたんだけど、何のためにみんなが並んでいるのか
確証が持てない。
待っても待っても何も始まらないし、結構こまってしまった。
エリザベス女王が通ったら、罰金バッキンガムって言ってくださいと言いたいけど、英語で
何て言えば良いか分からないなとか、日本でも出待ちはご法度としてやったこと無かったのに、
まさかイギリスで出待ちデビューしてしまうとはとか馬鹿なこと考えていたら11時になっていた。
11時は衛兵交代の時間なので、さすがに衛兵は来るだろうとおもっていたら隊列を組んで兵隊さん
がやってきた。
おもったより人数が少なくてすぐに終わってしまったんだけど、周りがみんな帰らない。
ははーん、衛兵交代だから復路もあるなとにらみ待っていると、30分後にやっと衛兵隊が
ウィンザー城から出てきた。
これを見送っても周りがみんな帰らない。
この時になって初めて、これはエリザベス女王が来るなと思えた。

そうすると、門の所に高級車っぽいのが現れた。
車に乗って目の前を通るみたい。
そうこうすると、人が多くてよく見えないんだけど、女王っぽい人が遠くに見切れる状態に。
城門付近の楽団や少年少女団と話しているみたいだったけど、徐々に近づいてくる。
どやら、車は後ろから着いてくるだけみたい。
いやがおうにも期待が高まり、いよいよ目の前に女王が迫ってきた。
狭い道だけど、両サイドの人に見やすいようにか真ん中を歩く女王。
若干距離が遠くて、残念ながら罰金バッキンガムといってはもらえなかったけど、世界トップクラスの
要人が目の前にいるって言うのはなんともいえない神妙な感覚になる。
花束を女王に渡す人が何人かいたんだけど、そのすべての人の花を女王は自ら受け取っていた。
俺も花束を買っておけば、一言話す機会が得られたのに詰めの甘さが悔やまれるよ。

女王のパレードを見た後、改めてウィンザー城の入り口へ行ったらなぜかしまっている。
話を聞くと1時まで入れないみたい。
1時になったら列がどこまで続くか分からないから、今から並んだほうがいいですよって
言ってるよってのを訳している日本からの着ていた家族の話を盗み聞きし、どうしようか
悩んだけど、入場は諦めてオックスフォードへ向かうことにした。
女王のせいで城の見学できなかったと思うと、良いんだか悪いんだか。



無人駅のウィンザーに再び戻り、スラウを経由してオックスフォードへ。
道中は晴れていたし、昨日よりもイギリスの田舎っぽくて楽しかったな。

駅からクライストチャーチとかがある大学の辺までは少し歩く。
オックスフォードでは会社の人からボールペンを買ってきてくれと頼まれていたので、まずは
ボールペンと明日着る用のTシャツを購入。

その後お腹がすいていたけど、どうしたもんかと思いながら目に付いた教会を見学。
すぐに見終わったので、道を戻ってパブに入る。
カウンター近くの席に座ったので席番号が無く、スタッフさんに直接注文。
ステーキが出てきた時は量多いかなって思ったけど、お腹がすいていたからか食べられた。

このお店で少し休憩がてらガイドブックを見ていたんだけど、どうやらさっきの教会は
塔が名物の教会だったっぽい。
でも、工事中だったから上れなさそうだった。
そもそも自分が今どこにいるか分からなかったから、地球の歩き方をスタッフに見せ
現在地を教えてもらう。
ついでに、さっき女王に会ったんだけど、これは偶然かどうかを聞く。
イッツ エブリデイ オア トゥデイ イズ スペシャル?って聞いたつもりだったんだけど、
英語が通じなかったのかどっちだか分からなかったのか要領を得ない回答でよく分からなかった。

お店を出たら、一応さっきの教会に戻ってみたけど、やっぱり問うには上れ無そうだった。
しょうがないので諦め、クライストチャーチへ。
映画でハリーポッターのロケに使ったって言う食堂はすごかったな。

食堂以外にも、結構見るところがあり、面白かった。

クライストチャーチが終わったら、他に見るものもないしすぐに駅に戻る。
滞在時間は短かったし、ここは来ても来なくてもどっちでもよかったかな。
電車の券さえなければ、ウィンザー城見学していたほうがよかったかも。
ウィンザー城間に合えばもう一度行こうかと思ったんだけど、時間が厳しそうだから
ロンドンに戻ることに。


ロンドンについたら、女王の詳細がどうしても知りたくて昨日の日本ツアーデスクへ。
入るとチェックインをしてくれた女性がいたりして思わぬ再開。
早速聞いてみると、どうやら偶然だったみたい。
TVでは女王をよく見るらしいけど、ロンドンに10年いても、目の前で女王を見たことは無いらしい。
そうとうラッキーだったみたいだな。
昨日は雨でツアーが散々だったけど、その分のツキが今日回ってきましたねといわれ、
なんだか嬉しくなった。
前に竹達さんに会ったときはその瞬間MAXに嬉しかったけど、女王はじわじわ嬉しさがこみ上げてくる。


その後夕食に行こうと思ったけど、イギリス料理は飽きてきたしどうしようかなとガイドブックを
見る。
近くに中華街がありそうだったから、この日は中華を食べに行く。
最初に予定していたお店は、見せの外まで並んでいるくらい盛況だったので諦め、
次点の店へ。
こっちはすぐに入れたんだけど、コースは2名からってのを見落としてしまい
ちょっと残念だったな。
スペシャルチャーハンとフカヒレ入り鶏肉スープを注文。
チャーハンは味気なくていまいちだったけど、スープは絶品。
日本で食べてきたなんちゃってフカヒレスープと違い、結構な良のフカヒレが入っていたのも
高評価だよ。
ロンドンに仕事で半年すんでいた会社の人に教えてもらったとおり、ロンドンの中華は美味しいな。
スープのほうが2ポンドだか高かっただけはある。

明日はカレーにしようかな。昨日のスタッフさんも会社の人も、インド料理は美味しいと
言っていたので、期待できる。


その後はソーホー界隈を歩いてみる。
ちょいエロの店があるってのをガイドブックで見たんだけど、ぼったくりしかいないから
入っちゃいけないって書いてあった覗き見小屋のピーピングって看板のお店か男性ストリップっぽい
お店しか見つからなかった。
ピーピング小屋は本当にあるんだってちょっと感動。
ガイドブックにある通り、怪しいお兄さんお姉さんの客引きが結構あった。


この日も疲れていたけど、なんだかんだやっていたら1時くらいになってしまい遅い就寝。
[ 2012/05/13 22:56 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン4日目写真 

2012london_4_0351_120504_001107.jpg
ツアーの集合場所。
GWだから普段の倍の人が来ていたみたい。



2012london_4_0372_120504_001358.jpg
コンウォールズの田舎風景。
wiiゼルダの町みたいな場所だった。

2012london_4_0378_120504_001418.jpg
これも田舎風景。
晴れていたらもっと良かっただろうな。

2012london_4_0398_120504_001654.jpg
お土産屋さんに売っていた妖精の置物。
すごくヨーロッパっぽい。

2012london_4_0399_120504_001655.jpg
マスの養殖場になっているようで、川が多かった。

2012london_4_0459_120504_001737.jpg
パブで食べたサンデーロースト。
ビーフとターキーがあったけど、ビーフを選んだ。
付け合わせのポテトがおいしかったな。


2012london_4_0469_120504_001924.jpg
ただの路地裏。
石の壁がいい感じ。

2012london_4_0470_120504_001925.jpg
石壁のアップ。
この作り方がコンウォールズの特徴らしい。

2012london_4_0514_120504_001759.jpg
帰りのサービスエリアでやっと晴れてきて虹が出ていた。
もっと早く晴れてほしかったな。



2012london_4_0539_120504_001837.jpg
バッキンガム宮殿。

2012london_4_0534_120504_001815.jpg
ゆるゆりの画像とバッキンバム宮殿。

2012london_4_0540_120504_001839.jpg
画像を切り抜いて再現。

この写真が撮れて大満足。
動画も撮影したんだけど、ipodから罰金バッキンガムって音声を流していたら周りの観光客に
結構みられて焦った。


2012london_4_0560_120504_001943.jpg
晩御飯のフィッシュ&チップス。
おいしいけど量多すぎる。
緑のソースは味が無くていまいちだった。
[ 2012/05/10 22:36 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン4日目 

4日目も朝から雨。
この日は日本で申し込んでいたコンウォールズ1日バスツアーの日。
集合は8時にビクトリア駅にあるμという日本のツアーオフィス前。。
朝ごはんのバイキングを食べる時間がなさそうだったので、前日に買っていたパンですませた。

電車を間違えたり、ビクトリア駅がすごい広くて少し迷ったりしたけど、15分前くらいに到着。
一緒に回ってくれるスタッフさんの所で出席確認をしたら、今日は50人以上参加者がいるとの事だった。
ロンドンを回っているだけだったら日本人をそれほど見なかったけど、やっぱりGWだから参加者
が多いな。
普段はだいたい25人くらいで、バスの席も全員窓際で行けるくらいらしいけど、この日は
バスが満席。
後のほうでバスに乗り込んだ人は、2人さんかでも席がバラバラになっていてかわいそうだった。

最初の目的地を道路の混雑状況で変更したりしながら、まずはバイブリーという村を目指す。
目的地までの間に、スタッフさんが社内で観光案内をしてくれたんだけど、さすがプロだけあって
色々しっていて面白かったな。
家々の壁の色は南ほど白く、北に行くほど黄色見がかっているとか、
個人で回っていただけでは分からなかったようなことが知れて、ツアー参加して正解だった。
イギリスではオリンピックが全然盛り上がってなくて、エリザベス女王即位60周年の方が
盛り上がっているってのも面白かった。
オリンピックのために増築予定だった空港は結局オリンピックに間に合わなくて完成は
来年を予定しているらしいんだけど、予定通り進まないのはイギリスっぽいらしい。
今までイギリスと言えばまじめなイメージがあったから、これは意外だったな。


道中はものすごい雨と風で、道路わきの木が何本も折れているくらいの悪天候。
15時過ぎに晴れる予定との事だったけど、そのころには見学が終わっているだろうから、
最悪な日にツアー申し込んでしまったよ。

まず最初に着いたバイブリーは、絵に描いたような田舎っていう風景が広がっていた。
村をぐるっと一回りしたんだけど、雨なのも含めてイギリスっぽいなとおもい、ずぶぬれに
なったのも良い思い出になった。

次の村は大きな教会がある村。
ここはさっきよりも都会っぽくて、教会は見所だったけど他はそうでもなかったな。
お土産やさんがあったから、いくつか物色しつつ観光時間終了。


その次は昼食。
ガイドさんに聞いたパブの使い方を早速試す。
テーブルにまず着き、次に番号かアルファベットが書いてあるので、その番号と注文をカウンター
に言うみたい。
日曜日だったのでサンデーローストというものを頼む。
ローストビーフのグレイビーソースがけ。
付け合せのポテトが美味しかったな。

最後はブロードウェイという村。
ここはコンウォールズの宝石って言われているらしいけど、雨と風と寒さでそれどころじゃなかった。
あまり観光らしいものもできずに終了。
バスで後ろの席の人が、宝石じゃなくて石ころって感じだったよって愚痴っていたけど、本当に
そのとおり。

これにてコンウォールズ観光は終了。
天気の良い日にもう一度リベンジしたい内容だったけど、それでも楽しかった。

ツアー人数が多かったので、普段入れないトイレ休憩なんかを挟んだから、到着は少し遅れて
夕方6時。
到着したビクトリア駅から、近くにある今回の目玉の一つビクトリア宮殿へ直行。
ここではゆるゆり地名ギャグの罰金バッキンガムにからんだ写真を撮ったりしてすごい楽しかった。
バスの中でガイドさんが話してくれたんだけど、以前ツアー客の人が、解散後にバッキンガム宮殿へ
行ったら、たまたまエリザベス女王が各地訪問から帰ってきた時間とぶつかったらしくフラッと
現れて写真を取れたラッキーな人もいたみたい。
この日はそんなこともちろんなかったけどね。


観光のあとはビクトリア駅に戻り、フードコートにあったレストランに入って晩御飯。
イギリスで始めてレストランに入ったな。
フィッシュ&チップスを食べたんだけど、量が多くて結構きつかった。
さくさくして美味しいから酒のつまみにはなるけど、食事って言われるときついもんがあるな。

この日も疲れがとれなかったから、9時過ぎに就寝。
[ 2012/05/10 21:34 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン3日目写真 

2012london_3_0160_120504_001950.jpg
準備中のマーケット
雨だからこの日はお客さん少なそう。



2012london_3_0173_120504_001047.jpg
大英博物館の外観。
建物自体も美術品みたいだった。

2012london_3_0177_120504_001051.jpg
最初に見たモアイ像。
保存状態がいいから、最初見たときはレプリカかと思った。

2012london_3_0259_120504_001406.jpg
スフィンクスの髭。
長い状態を想像していたから、ちょっとがっかりだな。

2012london_3_0268_120504_001423.jpg
ロゼッタストーン。
髭もそうだけど、エジプトに行った後だから、より感慨深かった。
大英博物館で売っているお土産にロゼッタストーンをモチーフにした物が多かったけど、
さすがにロゼッタストーン型USBメモリは売れないんじゃないかな。

2012london_3_0306_120504_001743.jpg
休憩で入った博物館内のカフェ。
スコーンは外はカリカリ中はふんわりでおいしかった。

2012london_3_0312_120504_001746.jpg
ロゼッタストーンのレプリカ。
けいおんの映画に出てきたのはこっち。

2012london_3_0323_120504_001758.jpg
出土した人骨。
ドラクエのただの屍のようだみたい。

2012london_3_0369_120504_001835.jpg
ハリーポッターの映画に出てきただかモデルになっただかのチェス。
事前に調べていたから分かったけど、これはスルーしてもおかしくないな。

2012london_3_0386_120504_001856.jpg
クリスタルスカル。
これはオーパーツじゃなくて近年つくった偽物だったらしいじゃん。
偽物でも、これはロマンがあるから許せる。



2012london_3_0429_120504_002000.jpg
博物館の後に入ったパブ内。
ビールもたくさん種類があってどれ頼んでいいかわからない。

2012london_3_0441_120504_001943.jpg
昼食として食べたビーフ。
ジャガイモが大きくて食べきれなかった。



2012london_3_0458_120504_002016.jpg
ハロッズの外観。
超高級デパートみたいで、中歩いていているだけで面白かった。
ここでお金を気にせずに買い物できるようになってみたいよ。



2012london_3_0461_120504_002018.jpg
晩御飯のサンドイッチ。
毎日サンドイッチは飽きる。
[ 2012/05/10 21:26 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン3日目 

3日目は雨が止まなそうだったので、室内の見学をしようと大英博物館へ行くことに。
でもその前に、土曜日にマーケットが開いているとガイドブックに書いてあったノッティングヒルで
地下鉄を下車。
マーケットの場所に行ってみたんだけど、朝早すぎたのかほとんどのお店が開店準備中であまり
面白くなかったな。
アンティークを扱う店が多かったみたいなので、賑わっている時間でも楽しめなかったかもしれないけど。


そのあと気を取り直して大英博物館へ。
最初にパスポートと交換で日本語のオーディオテープを借り、いざ館内めぐり。

まず入ったフロアでは、モアイ像がお出迎え。
超大きいのはもちろんだけど、色々な模様が彫ってあるのははじめて知った。
鳥人信仰ってのがあったみたいで、背面の肩の辺りに鳥の頭に人の体って言う鳥人が
2体ほってあった。

エジプトフロアは、エジプトに行ったときに教えてもらったんだけど、イギリスに取られて
返してもらえないと言っていた色々な展示があった。
その中でも、スフィンクスの髭を期待していったんだけど、折れてしまっているようで
一部分の短い分しかなかったのが残念だな。
あとはロゼッタストーン。
けいおんにも出てきていたし、これは見れてよかった。
館内でも1,2を争う有名な展示物みたいで、まわりは人が多かったな。
でも、けいおんに出ていたのはレプリカだったみたいで、そっちはすいていた。
レプリカが飾ってあったフロアのほうも、趣があってよかったけどね。

ギリシャのブースも石像がいっぱいあって見ごたえがあった。
ただ、肝心の顔の部分が崩れている石像が多くて保存が悪すぎる。

朝一ではいったんだけど、帰るころにはすごい混んでいた。



一通り回った後は、食事をしようと博物館の周りを探したんだけど、どこも混んでいる。
パブに入ってみたんだけど、カウンターで注文の仕方がよく分からなくて、ビールを1パイン
飲んで出てしまった。
結構酔いが回ったんだけどおなかがすいたままだったから、その隣にあった日本語メニューありの張り紙の
あるお店にすぐに入る。
ここでは牛肉のグリルを食べたんだけど、大して美味しくなくて、イギリスらしい料理なのかなって感じだった。


食事の後はお土産を買いに有名デパートのハロッズへ。
デパート内は高級ブランドがいっぱい並んでいる。
内装もエジプトっぽいエスカレーターがあったり、いきなりオペラ歌手が出てきて一曲
歌ったりして、歩き回っているだけでも楽しかった。
エコバック、ボールペン、紅茶なんかを買って結構な荷物になってしまう。


買い物が終わると夕方になっていたし、荷物も多かったのでホテルに帰ることに。
バスで帰ったんだけど、バス停を降りて反対方向に歩いていたようで、30分くらい無駄にしてしまい
すごい疲れた。
夕食はスーパーのM&S(マーク アンド スペンサー)のフードコートでチキンサンドイッチを食べる。
なんだか毎日晩御飯はサンドイッチだな。


明日はコンウォールズを1日バスで回る予定だから、疲れをとるために早めに就寝した。
[ 2012/05/10 20:44 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン2日目写真 

2012london_2_0028_120504_001041.jpg
ホテルの近くにあったEMIの本社?
東芝はついてなかった。
ビートルズの楽曲を売ってるみたいで、セール ド バイ iTunesってなってた。


2012london_2_0034_120504_001044.jpg
地下鉄の駅。
駅のつくりが日本と違うから、ただのホームも見ごたえがあった。
レンガの壁は雰囲気があっていいな。
あと、地下鉄の駅にはトイレが無くて旅行中すごいこまった。



2012london_2_0038_120504_001047.jpg
オリンピックのスタジアム。
絶賛建設中だった。

2012london_2_0039_120504_001047.jpg
スタジアムの隣にあるショッピングモール。
超大きくて、通り抜けるのにも時間がかかった。

2012london_2_0047_120504_001101.jpg
ショッピングモールの外観。
高級ブランドの看板ばっかりだった。



2012london_2_0049_120504_001106.jpg
バーバリーアウトレットの外観。
事前に調べていなかったら場所分からなかったかも。



2012london_2_0050_120504_001107.jpg
昼食のフィッシュ&チップス。



2012london_2_0052_120504_001108.jpg
けいおんの映画に出てきた所その1。
ホテル近くの歩道わき。

2012london_2_0053_120504_001109.jpg
けいおんの映画に出てきた所その2。
リサイクルオンリーの箱。

2012london_2_0056_120504_001115.jpg
けいおんの映画に出てきた所その3。
けいおんメンバーが止まったホテル。
大きかったな。

2012london_2_0059_120504_001120.jpg
けいおんの映画に出てきた所その4。
レフトかライトかわからなかったから両方写真とったけど、どの道にも書いてあったから
帰る頃には珍しさが凄い薄れてしまった。

2012london_2_0061_120504_001126.jpg
けいおんの映画に出てきた所その5。
この犬のポストって糞入れってこと?

2012london_2_0062_120504_001130.jpg
ポストがあった所はお墓の入り口。
お墓も十字架とかできれいな感じ。
このお墓の周りがその1の柵で囲われていた。
その2のリサイクルオンリーはお墓の入り口にある。

2012london_2_0064_120504_001139.jpg
お墓の中にある木にはリスがたくさんいた。
結構近くに寄れて可愛い。

2012london_2_0069_120504_001158.jpg
けいおんの映画に出てきた所その6。
でもこのシーンあんまり覚えてない。

2012london_2_0073_120504_001213.jpg
けいおんの映画に出てきた所その7。
このシーンもあまり覚えていないし、お店が改装中で全然わからなかった。

2012london_2_0074_120504_001214.jpg
映画に出てきたポットのお店に飾ってあったけいおんのポスター。
けいおん目当てで行った人はみんな写真撮ってるんだろうな。

2012london_2_0075_120504_001215.jpg
けいおんの映画に出てきた所その8。
さっきのポスターと同じ構図で撮った写真。



2012london_2_0076_120504_001225.jpg
ロンドンアイ。
映画にも出てきたな。

2012london_2_0105_120504_001446.jpg
ロンドンアイの頂上付近から。
ゴンドラが大きいからか頂上付近でも揺れが無くて怖さは全くなかった。

2012london_2_0121_120504_001553.jpg
ビックベンの時計部分アップ。



2012london_2_0141_120504_001928.jpg
けいおんの映画に出てきた所その9。
サントラのジャケ写になってるらしい。

2012london_2_0144_120504_001932.jpg
けいおんの映画に出てきた所その10。
ここも出てきたか全然覚えてないな。



2012london_2_0150_120504_001945.jpg
夜のビックベン。
暗くなっても観光客だらけだった。
[ 2012/05/09 21:48 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン2日目 

2日目からいよいよロンドン観光の本格始動。
ホテルで朝ごはんの後は、バーバリーのコートを買いにアウトレットへ。

色々なところへ地下鉄とバスで行くことになりそうだから、1週間分乗り放題のオイスターカードっていう
スイカの様なカードを買う。
駅の区間毎にエリアがありエリア毎に料金が決まっていて、殆どエリア1-2間だかその分だけ購入し、
あとは10ポンドカードに課金しようとしたんだけど、間違えて1週間分のカードと10ポンドのカードの2枚
買ってしまう。
駅の窓口で何とか返金してもらったけど、かなりあせった。


バーバリーアウトレットは10時開店なんだけど、少し早くついてしまいそうだったのもあり、
途中のストラトフォード駅で下車。
ストラトフォード駅がオリンピック会場になっていると昨日スタッフの人に聞いたからなんだけど、降りたら
ものすごく大きなショッピングモールになっていて、規模の大きさにびっくり。
肝心のスタジアムはまだ建造中だったけど、外観はすごかったな。
北京オリンピックの時に、開催間近なのにスタジアムが完成していないっていうネットの記事を読んだけど、
どこも一緒じゃんって思ったな。
なんか、中国を小ばかにしているようで気分が少し悪かった。

一通り見た後はアウトレットのあるハックニー セントラル駅へ。
駅からは事前にipodに落としておいた地図に従いすぐにたどり着く。
開店直後だったからかお客さんが少なかったけど、どんどん人が増えていったな。
ここでは、自分用のコートと財布、両親へのセータを買う。
コートは何度も試着したけど、しっくり来るサイズが無かった。
結局、腕の長さはいいけど若干胸周りが小さいものを選んだ。
太ったら着れなくなりそうで怖い。
財布は、レシートを見たらレディースってなっていたけど、気にせず使っていこう。

買い物のあとは荷物が多くなったので、一度ホテルへ向かう。
さっき降りたストラトフォードの駅でもう一度おりて、いったん昼食。
フードコートでフィッシュ&チップスを買った。
店員さんが何か言っていたんだけど聞き取れなくてキャンセルしたんだけど、後々思えばソースをつけますか?
って聞いてくれてたっぽい。
ソースは必要だったよ。

ホテルに戻ると2時くらいになっていた。
この後はビックベンとロンドンアイを見ようとおもい、駅に来ていた電車にあわてて飛び乗ったら違う方向
の電車にのってしまった。
アールズ コート駅に行ってしまったので、予定を変更しけいおんの聖地巡礼を先にすることに。
ここではホテル、朝散歩していた公園、カフェなんかがあった。
カフェにはけいおんのポスターのようなものが貼ってあってテンションあがったな。
おんなじ構図で写真を撮ってしまった。

一通り見た後は、今度こそビックベンとロンドンアイへ。
駅を戻り、今度こそ目的地のウエストミッター駅へ。
出口を出たら目の前にビッグベンの大きな時計が見え、観光客もたくさんだった。
対岸にはロンドンアイが。
まずはロンドンアイを目指し対岸へ。
対岸からはビッグベンの写真も何枚かとる。
ロンドンアイのチケット売り場は混んでいて、チケット購入までに30分くらいかかった。
そのあと乗るまでの列も30分くらい。
ロンドンアイからの景色は遠くまで見渡せて超綺麗。
高いところだから怖いかとおもったけど、箱自体が大きいからか怖さは全然無かったな。

次はけいおんの巡礼の続きとして、すし屋のモデルになったライブハウスがあるカムデン タウン駅にバスで
移動。
2階建てバスの先頭に座ったけど、経験したこと無い視線で面白かった。
駅に着いたら6時過ぎくらいで、しまっているお店も多く、歩き回ったけどライブハウスは発見できなかった。
ここでは1時間くらい歩き回ってしまい、すごい疲れた。

今日は引き上げようと、今度は電車でホテルまで戻ることに。
でも、途中のウエストミッター駅で、夜景のビッグベン撮影してみようかなと思い再度下車。
夜になっても人の数はあまり変わらなかったな。
1日中歩き回り、重さに疲れが増してしまった三脚を、この日初めて使用しての撮影。

疲れがやばかったのですぐにホテルへ帰還。
晩御飯は食べていなかったんだけど、途中で入ろうとおもっていたパブはどこも混んでいて入りにくく、
結局この日もサンドイッチ。
急いで食事をし、この日はすぐに就寝。
[ 2012/05/09 21:09 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン1日目写真 

2012london_1_0022_120504_001031.jpg
ANAの機内食。
このラザニアみたいのが凄いおいしかった。


2012london_1_0012_120504_001037.jpg
空港からホテルへの間の道。
ロンドンは日本と同じで車は左。
走っている車はベンツとかBMWが多くて、トヨタとか日本車はほとんど見なかった。
ブラジルなんかは日本車凄い多かったけど、これはヨーロッパだからかな。


2012london_1_0013_120504_001037.jpg
ホテルの周りのアパートかな。
おしゃれ感がぱない。

2012london_1_0016_120504_001038.jpg
ホテルの外観。
改装したばかりらしくてきれいだった。

2012london_1_0019_120504_001039.jpg
今回泊まった部屋。
狭くて日本のビジネスホテルみたいだった。
ベッドがダブルな分だけ日本よりましだけど、冷蔵庫もなかったなしシャワーの出は悪いし。
立地はよかったから、部屋の悪さと相殺かな。

2012london_1_0021_120504_001039.jpg
この日の晩御飯。
サンドイッチはまあまあの味。
[ 2012/05/09 21:04 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ロンドン1日目 

今回は飛行機が11時30分に離陸というスケジュールだったので、空港行きのバスのタイミングが難しく、家を
出たのが朝の4時30分。
超眠かった。

11時30分出発で、到着は日本時間の24時、ロンドン時間では16時。
飛行機の中で見ようとPCにDVDのisoイメージをいくつか入れていったんだけど、電源が無くて最初に再生した
たけし城も見終わらなかった。
他の航空会社は電源あった気がするんだけど、今回のANAは電源が無くて残念だった。
その代わりといっては何だけど、機内食はすごい美味しかったな。

飛行機では相変わらず寝れなかったけど、うとうと程度はできたので、ロンドンに着いたらほとんど
時差ぼけが無かったのがすごい楽だった。

空港からは現地のスタッフの車で宿泊先のケンジントンクローズへ。
ホテルはノッティングヒルなどの高級住宅街が集まっている地域みたい。

晩御飯はホテル近くのドラッグストアで買ったサンドイッチ。

時差ぼけ対策として、初日は早めに寝よう。
[ 2012/05/09 20:43 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

イギリスに行ってきた。 

GWに6泊8日でイギリスへ行ってきた。
けいおんの映画の影響で決めたイギリス。
今回はフリープランで観光する場所は自分で決めるんだけど、
映画の後にはまったゆるゆりのバッキンガム宮殿とか、他にも色々見どころありそうで行く場所が決め切れず、現地に着いてからどう回るか決めることにした。

かなり楽しかったけど、いつもの海外旅行以上に疲れたな。
[ 2012/05/09 20:41 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。