スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

狼と香辛料Ⅴ 

狼と香辛料 5 (5) (電撃文庫 は 8-5) 狼と香辛料 5 (5) (電撃文庫 は 8-5)
支倉 凍砂 (2007/08)
メディアワークス



本を読んでいると、「あぁ、こんな面白い本にが読めたなんて、生きていて良かった」と思える作品に出会うことがある。
狼と香辛料Ⅴはまさにそんな作品だった。

冒頭から終始繰り広げられる、ロレンスとホロのバカップルっぷり。
この二人はとてもラブラブなんだけどクドく無く、知的な二人の言葉のやり取りがとても上品に感じられ、そこがいい按配になっている。お互いを心から信頼している二人の関係は、読んでいてとても心地いい。
狼と香辛料の最大の魅力は、やっぱりこの二人の会話に尽きる。

今回は商売バトルは少し抑えられていて、大きな決断を迫られたロレンスとホロの心情が多くを占めていたと思う。二人の関係を終りにしようという展開に、とても引き付けられた。そんなこと出来ないのは分かっているけど、この二人のやり取りを永遠に見つづけていたいな。

あと、表紙のホロは可愛すぎる!
スポンサーサイト
[ 2007/08/27 22:40 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tadoritsukeba.blog109.fc2.com/tb.php/10-4bea553f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。