スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スクールデイズ ヒ・ミ・ツの花園 

School Days オリジナルドラマCD Vol.1 School Days オリジナルドラマCD Vol.1
アニメ (2007/08/08)
ランティス


今やっているテレビアニメは、見ているのがしんどくてたまらないスクールデイズだけど、このドラマCDはそんなアニメがやっているとは露ほども思わせない楽しいものだった。
みんなが愉快に話しているスクールデイズを、アニメを見ているときから求めていたので、この明るい内容には非常に満足した。
ただ、途中でちょっとドロドロした所が出てくるんだけど、それを聞いたら「よっ、まってました。スクールデイズはやっぱこうでないと。」という感じもしたんで、良くも悪くもあの本編アニメがあるからこれだけ面白さが引き立つんだろうなと思いました。

キャラクターはやっぱり刹那がかわいかったな。淡々とすっとぼけた事を言うのが面白いね。
世界と言葉は、ドラマCDという生きた会話の関係で、どうしてもラジオの河原木さんと岡嶋さんに聞こえちゃうよ。
こんなに良い娘たちなのに、誠が絡むとメールを20件送っちゃうぐらい壊れちゃうなんて、誠はなんて罪作りな男なんだろう。
泰介だけはアニメと変わらずアホなキャラで、泰介が出るだけで安心して聞いていられるよ。

アニメでは2度とお目にかかれないであろう、ほのぼのとしたみんなの会話は、アニメでやられた分を回復してくれるよ。
でもアニメ本編はみちゃうんだよな。
スポンサーサイト
[ 2007/09/07 01:24 ] CD | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tadoritsukeba.blog109.fc2.com/tb.php/16-a876891d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。