スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近見た映画 

アバターと2012を見た。

アバターは俺の好きな3D映画だし、超大作って触れ込みなんで、初日に見に行ったよ。
でも面白くなかったな。
登場人物にあまり感情移入できないまま話が進んでいってしまった感があった。
原生生物の数が少ない所とか、人間が手に入れようとしていた鉱石の使い道だとか、本筋とは関係ないところが少しずつ気になって、それが積み重なったのもあるな。
あと、人間側が悪で宇宙人側が正義って構図が受け付けなかったのかも。
人間側をDIO様とか水天宮さんみたいに分かりやすい悪役として描いてくれればまた違ったかも知れないのに、少し残念。

2012はアキバプロレスが始まるまでの時間つぶしに入ったんだけど、すごい面白かった。
地球滅亡系の映画なんだけど、色々な立場の人が必死に生き残ろうとしていて、ヒューマニズムに溢れるいい話だったな。
悪役っぽい立場で描かれていた政府高官だって、視点を変えれば人類という種を存続させるために行動しているわけだし。
私利私欲で動いていた実業家の元ボクサーだって、子供のために全てを賭けていたんだし。
自分のためだけに動いている人間がいないから、凄く後味が良かった。
それと、ダメ中年属性の俺には、売れない作家の活躍がすごい良かった。
群像劇だったけど、一人一人がしっかり描かれていて、よくまとまったいい映画だったな。
スポンサーサイト
[ 2009/12/27 11:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tadoritsukeba.blog109.fc2.com/tb.php/277-f625c68a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。