スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アイドルマスター2の発表で思ったこと 

今回の東京ゲームショーでの発表があまりにも衝撃的すぎて、いまだに冷静になれない。
ファミ通.comさんの記事を読んで少し落ち着いたけど、1日たった今でもショックが抜けきれない。

まず竜宮小町+律っちゃんがプロデュース不可になった事。
どんはん金どぶとは言わないけど、すごく気分が沈む。
亜美は真美と別れたからまあしょうがないかなって気もするんだけど、他の3人はなんでこんな事になったんだって感じ。
律っちゃんはプロデューサー志望だったからっていうストーリー上の一応の理由はあるけど、伊織とあずささんはストーリー上の理由がちょっと弱いしな。
ゲームが発売されてみないと何とも言えないけど、小鳥さんとかSPの貴音や響くらいの扱いでしかなかったら幻滅するかも。
この4人はゲームではプロデュースしないっていうのを強調していたから、たとえば漫画とかアニメとかいった別作品でスポットが当たることを期待しておこう。
不遇に扱われているわけではなさそうなので、少しずつ受け入れていくしかないかな。


男キャラのライバルについて。
これは別にいいと思うな。
今のところのネットでの反応を見れば分かるけど、ライバルとして徹底的に憎めるキャラになっていそう。
ライバルキャラとしてって点では発表の仕方が成功しているんじゃないかな。
765プロのキャラとの恋愛的からみで寝盗られ的なのは無いって明言していたし、そういった部分ではあまり拒否反応はないな。
CDは発売するけどレコード会社は別にするとか、かなり本気で765プロのキャラと差別化をしていくみたいだし、どうなっていくのか先行きが気になる。

オンライン対戦のカットについては、なんとも言えないな。
無印の時はオンライン対戦があり、あれのおかげで難易度がすごく高くて、アイドルを育てている感がすごく高かった。
難易度が高い分、Aランクでクリアーした時には充実感があったな。
対人戦どくとくの戦法だとかスリルなんかも魅力だった。
それに比べてSPやDSは難易度が低く、基本的に負けないからやりごたえが無かった。
今度の2もSPとかDSみたいな難易度だったら少しがっかりする。

AKB商法の導入について。
まだCD化の選考方法が発表になっていないから何とも言えない。
仮にAKB商法だとしても、企業として少しでも売り上げを高くするのを目指すんだからしかたないって気持ちもある。
ただ、もしAKB商法だったらすごくさびしいな。

アイマスファンの人たちについて。
今は発表の直後だから感情的になっているんだと思うけど、ここまで熱くなれるアイマスとそのファンの人たちはやっぱり凄いなと思う。
今回の発表で離れていく人がでてもしょうがないと思うけど、攻撃的に反転した活動をするのはやめてほしいな。
ファンの間が二分しているようで悲しい。



みんな色々思うところはあるだろうけど、俺はこれからも変わらずアイマスを応援して行く。

スポンサーサイト
[ 2010/09/20 22:38 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tadoritsukeba.blog109.fc2.com/tb.php/355-04c0e1ae







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。