スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画版ラノたのを見てきた 

最初にラノたのが映画化と知ったときは、アニメ映画だと勘違いしていたから、実写だと知ったときはすごい驚いたんだよな。
見る前まではライトノベルの実写化だから全く期待できないだろうと思ってた。
前日に映画館までの道を調べようとしたら、Yahoo!の批評がすごく高評価で、組織票なのか?と少し疑うほどだった。
でも、見終わったら高評価だったのがうなずけるすごくいい映画だったよ。

登場人物のキャラクター付けが弱すぎず強すぎずの素晴らしい按配で、原作小説の良さが出てたな。
剣なんてすごく灰汁の強いキャラなのに、女優さんが自然に演じていてかなり良かったよ。
心夏も小説ではアニメにしか出てこないようなキャラだったのに、映画では面白いお姉さんくらいにまとまっていてこちらも良かった。

ストーリーも無理に端折ることなく、本田さんの本をよくここまでまとめたなと感心させられた。
原作好きだから見に行ったけど、それを抜きにしても楽しめるいい映画だった。
見終わったら直後だからかも知れないけど、今まで見たどの青春映画にも引けをとらない傑作だったな。
スポンサーサイト
[ 2010/12/23 13:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tadoritsukeba.blog109.fc2.com/tb.php/369-888eefff







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。