スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近読んでいる本 

最近森見登美彦さんにはまっていて、4冊立て続けに読破している。
一番はまったのは恋文の技術かな。
僻地の研究所に飛ばされたぼっちのタイ夫が主人公。
友達とか家庭教師をしていたときの教え子なんかに向けて書いた手紙形式で進む書簡体小説。
アホみたいな話に笑わしてもらうんだけど、就職やばいと悩んでたり好きな後輩の女の子宛てに手紙が書けなくて悩んだり、すごく人間味あふれていた。
手紙という形式だからか、季節の移り変りが鮮やかに描かれていたのも印象的だったな。

森見さんの小説は主人公に感情移入しやすすぎるから、すらすら読めていい。
スポンサーサイト
[ 2011/06/19 19:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tadoritsukeba.blog109.fc2.com/tb.php/418-4be62e26







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。