スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

海の御先 

藍青の文月晃さんの新作ってだけで大鉄板に期待してたんだけど、読んでみたら想像を遥かに上回る出来だった。

海の御先 1 (1) (ジェッツコミックス) 海の御先 1 (1) (ジェッツコミックス)
文月 晃 (2007/09/28)
白泉社




物語の設定的には、「ひぐらしのなく頃に」の影響が大きいみたいだけど、あんな大惨事にはならないよね?

雫の初登場シーンで「えへへ 本当にそう呼ばれちゃった」ってのは反則だよ。可愛すぎてどうにかなってしまいそう。沢山キャラは出てくるけど、こんな初登場をやられたら、雫派にならざるを得ないじゃんか。
あとは、お隣さんの火凛。なんか逆田代キャラとしての印象が強いけど、この娘は良い娘なはず。雫の初登場シーンがなかったら、オレは間違いなく火凛の虜になっていただろうな。

文月さんの書く恋愛物は、的確にウィークポイントを付いてきて必ずやられちゃうよ。アニマルお得意の、超気になる次巻予告のせいで、2巻も確実に面白いの決定じゃん。2巻がでる来年の春までは、何があっても死ねないな。
スポンサーサイト
[ 2007/10/27 23:50 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tadoritsukeba.blog109.fc2.com/tb.php/44-d8dd7ee9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。