スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビブリア古書堂の事件手帖 

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


本屋さんに並んでいるときから気になっていたんだけど、買わないでいるうちに凄い売れちゃって手を出しにくくなっていたこの本。
本好きな女性が主役っていうとRODと文学少女という名作があるから、読子とか遠子先輩を超えるのは不可能だろうっていう思いもあったし、どうしようか凄い悩んだけど年が明けてから買ってみた。

キャラ押しで行くのかと思っていたんだけど、そこまで押しは強くなかったな。
こんな本屋さんに行ってみたいなと思うこともあったけど、売れそうな設定を入れて作っているなっていうのも感じてしまい、100パーセントでは楽しめなかったな。
2巻も買ったけどね。
スポンサーサイト
[ 2012/01/11 22:55 ] 未分類 | TB(1) | CM(1)

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
[ 2014/07/02 23:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tadoritsukeba.blog109.fc2.com/tb.php/494-88025d0b


「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)」三上延

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋。 そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。 残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。 接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。 人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、 いわくつきの古書が持ち込まれることも、 彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見て...
[2014/07/02 22:36] URL 粋な提案





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。