スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロンドン6日目 

6日目も朝から雨。
午後には晴れるとテレビの天気予報でやっていたんだけど、午後からウィンザーに行くと
帰ってくるの時間が微妙になりそうだから明日ウィンザーへ行くことにする。

ウィンザー以外の予定は決めていなかったので、どうしようか考えてナショナルギャラリーへ行くことにした。
ウィンザーへ行こうかと思っていたから、ナショナルギャラリーが開館するまで時間があるし、
朝で雨ならすいているだろうとアビーロードへ行ってみた。
話に聞いていたとおり、交通量が多くてちょっと危なかったけど、写真が撮れて満足。
他に観光客っぽいのは一組だけで、その人から写真取りましょうか?的な事を言ってもらい、
自分の写真も撮れたのもよかったな。

その後は再びカムデンタウンへ。
行く前までは地下鉄駅構内の写真を撮ろうと思っていたんだけど、外に出て駅の周りを
すこし捜し歩いていたらすっかり忘れてしまった。

カムデンタウンではたいした収穫も無く、すぐにナショナルギャラリーへ。
地下鉄を降りてすぐのトラファルガー広場で写真を撮ったりしていたんだけど、
開館まではまだまだ時間がありそうだったから近くにあるマーケットへ行ってみた。
そしたら、そこもまだ開いていない。
10時30分にオープンとなっていたけど、30分やること無いしどうしようと少し迷う。
どこか他に行こうかとも思ったけど、昨日2時間以上まったのに比べたら30分なんてたいした
こと無いなと思い、近くのコーヒーショップで時間をつぶす。
10時30分ちょうどくらいにマーケットへ戻ったんだけど、オープン後すぐすぎたのかあまりお店
が開いていなかった。
この日は朝ごはんを抜いて出かけたからすごいお腹がすいていて、マーケットにある屋台で
何か食べる気満々だったのにがっかり。
お腹がすきすぎてどうしようか悩みながらナショナルギャラリーへもどると、ガイドブックで
みたクリプトっていう入り口が開いていたから入ってみる。
なんかのカフェだったよなと思い、地下への階段を下りていくと、石造りのすごい場所にでた。
ここは教会をそのままカフェにしたところだったみたいで、ロケーションがすごかったな。
パイとコーヒーを頼んで遅めの朝ごはんにする。

その後はいよいよナショナルギャラリーへ。
ここでもオーディオテープを借りて回ったんだけど、展示数が多すぎるのか主要な展示40点
だかにしぼった解説だけだった。
どれが有名なのかありがたい仕様だと思ったけど、色々回っていく中で気になる絵も出てきて
どうせなら全部の解説テープにして欲しかったな。

最初は生の絵画に感動したんだけど、宗教画とか同じようなモチーフの絵が多くて、最後の方
では食傷気味になった。
それでも、日本の美術館のように人だかりで何も見えないなんて事は無く、すぐ目の前に
ある絵画は見ていて面白かったな。
一番有名っぽいゴッホのひまわりの周りにはさすがに人が多かったけど、それでもじっくり見ることができたし


ナショナルギャラリーの後は備え付けのカフェでアフタヌーンティーをしようと思っていたんだけど、
開始が3時からってなっていて2時間くらい待たないといけなかったのでもう一度マーケットへ。
お昼時だからか今度はにすごい賑わい。
時間をつぶすために大道芸人のパフォーマンスを見たりしたあと、ここで昼食をとることにする。
本当は屋台がよかったんだけど、良いお店が無かったのでパイのお店へ。
ビーフミートパイを食べたんだけど、パブメニューに飽きてきていたからすごく美味しかった。

昼食後もまだ時間余っていたから、夜にミュージカルを見ようかなと思って半額チケットを
売っているエリアへ行ってみる。
そもそも何を見ようか決めていなくて、日本で見たことあるやつの方がストーリー分かっていていいのか、
せっかくだからこっちでしか見れないのにするべきか迷う。
日本で見たことあるウィキッドにしようと心がかなり傾いたけど、チケットが意外と高めだったため、
思い切って初観劇となるWe Will Rok Youにしてみた。
クイーンの曲を何曲もつかったミュージカルってなっていて、クイーンの曲ってそんなに知らないけど
ウィー ウィル ウィー ウィル ロックユーっていうフレーズだけは知っていたから
その一転突破のみでこれに決めてみた。
あらすじも、未来の楽器がすべて壊れてしまっただかいう世界を主人公が救うって明るそうな
のにも惹かれたし。
50% Offくらいで買えてラッキーだったよ。
日本でもこういうシステムが始まってくれたら良いのにな。


良い時間になったので再度ナショナルギャラリーへ。
あまりお腹すいていなかったけど、アフターヌーンティーを注文。
案の定量が多くて少し残してしまった。
ここでも、隣に座っていたシンガポールからの旅行者と言っていた老夫婦が写真撮りましょうかといってくれて助かった。
最初何を言われているか分からなかったので、やっぱり少しは英語がしゃべれるようになりたいよ。

アフタヌーンティーで結構困ったのが食べ方。
上の段から食べるって言うのは事前に調べていたので、サンドイッチから食べたんだけど、
次の段のスコーンを食べる時、上の空いた皿がすごい邪魔だった。
あれってどかして良いのか?
紅茶はもちろんだけど、スコーンとスイーツがすごい美味しかったから、もっとお腹すいている時に
注文したかったな。


アフタヌーンティーのあとは一度ホテルに荷物を置きに戻り、朝撮り忘れたカムデンタウンに
行って見た。
なんかいくれば気が済むんだっていうくらいカムデンタウンにいってるよな。
途中でビックベンの違う角度からの写真を撮りに急に降りたりもして、ミュージカルの劇場には
集合時間の7時を5分くらいすぎたちょうど良い時間につく。
周りの格好はラフな人が多かったけど、ドレスアップした人もちらほら。
無理してドレスを着てきたようのなハイティーンの女の子みたいのもいたし、やっぱり気取って
来た人もいるみたい。

内容は、英語が分からなかったりクイーンを知らなかったりで心配していたけど、
分かりやすい内容ですっごい楽しめた。
日本で見ていたミュージカルはシリアスな物が多かったんだけど、明るい内容のミュージカルの
方がいいな。

疲れ気味なので、この後はホテルに戻って就寝。
スポンサーサイト
[ 2012/05/14 00:08 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tadoritsukeba.blog109.fc2.com/tb.php/534-5c9b6354







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。