スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

六花がりっかと読んでしまう 

六花の勇者 3 (六花の勇者シリーズ)六花の勇者 3 (六花の勇者シリーズ)
(2012/11/22)
山形 石雄

商品詳細を見る


中二病でも恋がしたいを見ているせいか、六花と書くとりっかと読んでしまう。
ろっかのゆうしゃって読むのにな。

3巻も一気に読んでしまった。
ゴルドフの当番回だったからアドレッドの活躍が少なくてちょっと残念だったけど、
追いつめられる緊張感がたまらないな。
限られた日数で敵のボスを倒しに行くって言うと、ジョジョ3部みたいだけど、
六花の勇者は常に追いつめられているから気が抜けないよ。
よく追いつめ方を毎巻思いつくな。

常に戦闘とか謎解きとかをしているから、掘り下げた性格が見えてないキャラがいる。
3巻ではゴルドフとナッシュタニアが少しだけど、バックボーンとか性格が分かってきたので、
次巻以降どう動くかが凄く気になる。
チャモとかいいキャラクターで愛着も出てきたし、そろそろ当番回として掘り下げてほしいな。

刊行ペースが遅かったから2巻の内容とか忘れ気味でストーリのつながりが怪しくなっている
部分あったし、なるべく早く4巻だしてほしい。
スポンサーサイト
[ 2012/11/26 00:53 ] 小説・本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tadoritsukeba.blog109.fc2.com/tb.php/584-8529ad46







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。