スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なば缶3本目を見てきた 

なば缶 3本目に行って来た。

まず受付のところで名取さんをお見かけして、一声かけたかったけど
迷惑かなと思い声かけられなかったな。
前回のなば缶でもお手伝いしていたの見かけたのに、そのときも声
かけられなかったな。


今回の舞台は2回目のときよりわかりやすいコメディーで笑いっぱなし
だった。
最前列のいい席で超よかった。

生天目さんの、最初は全然乗り気じゃないのに、気がついたら河童探しに
真剣になっている演技がすごい自然でうまかったな。
演劇経験者だからか、やっぱりすごい。

後藤さんの後輩ポジションとか、下屋さんのおっちょこちょいで空気を
読めないバイトとかもご本人のキャラに合っていてよかった。
下屋さん超面白いよ。

清水さんは最後の河童のシーンがすごかった。
目元がぬれていて、本当に泣いていたし、全身タイツでコミカル以外何者でもない
衣装なのに感動的なシーンになっていたのは、あの熱演のおかげだよ。

広橋さんは不思議ちゃんっぽいキャラは抜群にうまかったな。
前回演じていたのに系統が似ていた気がする。

高森さんは、初舞台ってことだったけど姉をちょっとめんどくさがる妹が
自然に感じて堂々としていたように見えたな。

松崎は、ボソッとはいる一言が面白くて、一言一言にすごい笑っちゃった。

ストーリーがわかりやすいし、随所に笑いが入っていて本当に面白かった。
前回は生天目さんは登場シーンの少なかったと感じたけど、今回は皆さん満遍なく
見せ場があったのもよかったな。
黄桜翁は登場シーン少なかったけど、前回の執事でばんばん出ていたからかな。
ヘルメットはずすシーンは、わかっているけど笑っちゃったよ。


舞台の後にアーリーウィングフェスに行く都合で生天目さんにお声がけできなかったのが
残念だったな。

しばらくはなば缶やらないって言ってるけど、復活したら絶対また見に行こう。
スポンサーサイト
[ 2014/11/04 00:54 ] 舞台 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tadoritsukeba.blog109.fc2.com/tb.php/705-92219c0f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。